リフォームの豆知識|札幌市・江別市・北広島市・石狩市・小樽市・恵庭市 北海道のリフォームならリノベーション株式会社

0120-47-1177

リフォームの豆知識

リフォームの豆知識

知らないと社会人失格!?リフォームの基礎の基礎!リフォームの意味って?リノベーションとの違いは?札幌市の業者がご紹介!

テレビでも耳にすることの多いリフォームという言葉。

しかし、そのリフォームという言葉の意味を明確に捉えられている人は少ないのではないでしょうか。

皆さんがリフォームという言葉に抱いているイメージはリノベーションのもので、リフォームの本来の意味は皆さんの考える「修理」という言葉に近いかもしれません。

リフォームについて基礎の基礎からまとめました。

 

■そもそも、リフォームの言葉の意味ってなんだ?

リフォームとはマイナスの状態からゼロの状態にすることを意味します。

そのため、老朽化したものを新築の状態に戻すことを言います。建物全体ではなく、建物の一部の改修をさすことが多いようです。

 

例えば、はげてしまったり、傷ついたりしている外壁塗装のやり直しなどが挙げられます。

リフォームと似た言葉にリノベーションがあります。

リノベーションは刷新といった意味を持つ言葉です。すなわち、ゼロの状態にプラスアルファをしていくのがリノベーションです。

そのため、新築の状態よりも性能を向上させたり、デザインを大きく変更したりする場合に用いられます。

 

例えば、家の中にオフィスとなるような場所を設けるような場合が挙げられます。

もっとも、工事の大きさと住まいの性能の二点の違いこそありますが、両者の線引きは曖昧になってきています。

 

■リフォームのメリット

⒈ 家の雰囲気を維持できる
リフォームが必要になるのは、長く住んでいればこそ。

そのため、家に対して愛着を持っている方も多いのではないでしょうか。

リノベーションだと、家の雰囲気がガラッと変わってしまいますが、リフォームならば、家の雰囲気をそのままに、問題となる箇所を修理できます。

 

⒉ コストがかからない

また、リフォームはコストを抑えることが可能です。

工事の規模が小さいため、工期が短くて済みます。

 

その結果、かかる費用も少額で済みます。

このように、コスト面でメリットがあります。
工事の規模が小さいため、仮住まいを準備する必要がなく、家に住み続けることができるのもコスト面でのメリットといえるかもしれません。

 

■リフォームのデメリット

規模の小ささの裏返しとして、大規模な変更には向いていません。

あくまで、リフォームは新築の状態に戻すのがゴールであるということを思い出す必要があります。

そのため、部屋の間取りを変えたいという場合や、耐震性を上げたいという場合は、リノベーションを選択するのがおすすめです。

こうしたことまで、リフォームで行うと高額になってしまいます。

 

■まとめ

今回は、リノベーションとの兼ね合いも含め、リフォームという言葉についての基礎の基礎をまとめました。

リフォームを検討していた方の中にも、わたしがしたいのはリノベーションかも!?となった方もいるのでは?

今回の内容を含めて検討し直してみてはいかがでしょうか。