リフォームの豆知識|札幌市・江別市・北広島市・石狩市・小樽市・恵庭市 北海道のリフォームならリノベーション株式会社

0120-47-1177

リフォームの豆知識

リフォームの豆知識

リフォームの見積もり書はいつ発行されるの?詳しく解説

工事業者にリフォームを依頼する場合には、複数の業者に見積もりを請求して比較検討することが必要です。
効率的に手続を進めるためには、いつ見積もり書が発行されるのかが重要となります。

一般的な工事業者ではどこも同じような流れで手続が進められます。
リフォームの手続には無料で行われるものと有料のものがありますが、見積もり書とプランの提示までは無料とされるのが通常です。

まず業者への問い合わせと相談が必要になります。
詳しい資料が欲しい場合や、費用の概算を知りたい、直接会って相談したい場合など電話やメールで業者に問い合わせます。

多くの業者では土曜日や日曜日、祝日にも対応をしています。
さらに電話ではなくメールであれば、いつでも気軽に問い合わせることができます。

また具体的なイメージを確認したい場合には、ショールームの見学が可能な業者も存在します。
内装材や商品のサンプルの他にカタログなどを確認でき、キッチンや洗面台などの実際のサイズや使い勝手を確認できるため便利です。
問い合わせの段階でもリフォーム内容に沿って概算の見積もり書を作成することができます。

リフォームの内容と費用について直接担当者と合って相談することも可能です。
専門家に直接相談すれば、細かい内容まで説明してもらうことができます。
納得できるリフォームを行なうためには、問い合わせの段階が重要となります。

問い合わせの後で実際に住宅を訪問して現地調査を行い、お客様のご要望をお伺いするのが一般的な流れです。
工事予算やプランを確定するために、現地調査と採寸を行います。
立地条件や住宅の状況を確認し、正確な資料を作成します。
また担当者が訪問した際には、理想のイメージについて詳しくヒアリングを行います。

実際に住宅を訪問して現地調査を行なったら、見積もり書とプランをご提示させて頂きます。
一般的な工事業者では、この段階で業務姿勢やアフターサービスなどに関する説明も行われます。
工事予算とプランの提示までは無料ですが、その先の手続は有料となります。

契約を締結し着工前に打ち合わせと現場確認を行い、ご近所への挨拶を行います。
さらに着工、工事完了、お引渡し、アフターサービスという流れになります。

住宅を改修する場合には事前に複数の業者から工事予算やプランを提示してもらい、比較検討することが重要です。
工事予算は問い合わせの段階で概ね明らかになりますが、正確な額を明らかにするためには現地調査が必要になります。
契約締結前の段階で正確な予算額が提示されるので、その段階までに複数の業者を比較検討するのが合理的です。