リフォームの豆知識|札幌市・江別市・北広島市・石狩市・小樽市・恵庭市 北海道のリフォームならリノベーション株式会社

0120-47-1177

リフォームの豆知識

リフォームの豆知識

石狩市の業者が解説、安いだけで選ぶのは危険な理由

住宅などのリフォームを業者に依頼する場合、みなさんはどのようなことを重視されますか?
様々な観点はあると思いますが、費用についても見逃せないという方も多いのではないかと思います。

 

リフォームを行っている業者をリサーチする中で「この業者は安いな!」と思ったことはありませんか?
リフォームにおいても決して安くできるものではありませんので、低価格であるというのは魅力的に感じられるものです。
しかしながら、そこには様々な危険が潜んでいます。

 

◎安いという要素で選ぶのが危険な理由
価格が安いということから業者を決めることには以下のようなリスクが考えられます。

 

●追加費用を請求される
リフォームは新築と違って工事を進めていく中でさらに修繕が必要だと判明することも少なくありません。
そこで多くの場合は諸費用などといった項目で追加の費用で調整することになります。
安さを押し出している業者はこの流れを悪用して、契約させた後に多額の費用を追加で請求することを目論むのです。
そのため、最終的な費用というのは他の業者に依頼する場合とほぼ同じであることも少なくありません。

 

●未知数の面が大きい独自の工法で行われる
「独自の工法でコストカットしました!」こういう文言を見ると興味が湧いてくるかもしれません。
しかしながら、こういった表現は何かを隠すためになされていることが多いです。
費用を下げるために材料の質や製造段階での技術を下げることがしばしば行われており、見た目自体は既存のものと似せているためにどのような手抜きが行われているのかがわかりにくいという難点があります。

 

●アフターフォローがない
施工業者の技術不足もあるかもしれませんが、何年も使った住宅のごく一部分を変えるリフォームは不具合が起こる可能性がどうしても高くなってしまいます。
安い業者にはアフターフォローを含めていないことで料金を下げていることがありますが、保証がないともう一度高額な費用をかけて修繕をしなければならなくなりますのでお勧めできません。

 

●大手業者ならではの構造
大手業者においても安心はできません。
全国を対象に大規模な営業をしている業者の多くは、自社は販売に特化して施工は各地の下請け業者に任せるという営業形態をとっています。

 

大手業者の方は紹介料という形で仲介手数料を搾取しており、当然ながらこれは顧客に求める代金に上乗せする形で賄うことになるはずでしょう。
そこでもし低価格で売っているとしたらどうでしょうか。
下請けに回る資金も下がる可能性は高いですよね。

 

この下請け制度によって顧客を獲得している下請け業者はしばしばかなりの低価格で契約をさせられていることがあります。
自社のみで売り込みをするよりも大手業者の看板を使った方が顧客を獲得しやすいこともあるためです。
低価格で契約をさせられた下請け業者は何とかしてコストを削減しようとして質が下がってしまうこともありますし、職人のモチベーションも低くなりがちです。

 

◎最後に
今回は、安いという理由で業者を選ぶことが危険な理由についてご紹介いたしました。
リフォーム行ってその後住宅を長持ちさせるためには、使う材料も技術的にも質の高い工事をすることが必要ですので、費用が安くなることをあまりにも求め過ぎないことをお勧めいたします。