リフォームの豆知識|札幌市のリフォーム|リノベーション株式会社|住宅 戸建て マンションリフォーム

0120-47-1177

リフォームの豆知識

リフォームの豆知識

札幌市の方ご注目、金属サイディングのメリットとデメリットについて

「外壁材にたくさん種類があって、何にしたらいいのかわからない、、」
という方は多いのではないでしょうか。
外壁材の種類ごとの特徴を理解して、自分に合った外壁材を選ぶことは、快適な生活を送るために欠かせません。
そこで今回は、外壁材の中から、金属サイディングに注目して、そのメリットとデメリットについてご紹介します。
(ここでは主にリノベーション株式会社が提供する断熱金属サイディングについてご紹介します)
 
□断熱金属サイディングとは
 
表面にスチールやアルミニウムの板を施し、裏には断熱材を入れた外壁材のことです。
ステンレスのような丈夫さや、アルミのような腐食しにくさなど、様々な性質を兼ね備えた比較的低価格の外壁材です。
リノベーション株式会社では、この金属部分に、耐久性に優れたガルバリウム鋼板・ガルファンを使用しています。
 
□断熱金属サイディングを使用するメリット
 
*防水性が高く、凍害に強い
表面が金属でできており、防水性が高く、水分を吸収しにくいため、雨漏りのリスクが低いことが特徴です。
 
また、札幌などの寒冷地にお住まいの方は、凍害の心配もしなければなりません。
凍害は、外壁材が湿気や水分を吸収し、それが凍結・融解をすることで、外壁材を劣化させてしまうことを指します。
水分を吸収しにくい金属サイディングは、凍害のリスクは比較的低いのです。
 
*断熱性に優れている(省エネ効果)
先にもご紹介したように、裏に断熱材が入っているため、他の外壁材よりも薄くても、中の空気が外に逃げにくく、北国の寒い冬でも暖房費を節約して快適に乗り切ることができます。
 
*軽量であるため、重ね張りリフォームに適している
重ね張りリフォームとは、既存の外壁材の上に新たに外壁材を張るリフォーム方法です。
撤去費用がかからないことがメリットとしてありますが、外壁材を二重に張るため、建物自体に負荷がかかってしまうことがデメリットとして挙げられます。
そのデメリットをカバーするために、他の外壁材よりも軽量な金属サイディングは役立ちます。
窯業系サイディングに比べ、乗用車一台分以上も軽いのです。
 
*耐震性に優れている
軽量であることに加え、地震などで揺れた際にも柔軟に変形するため、ひび割れが生じにくいという特徴があります。
 
□金属サイディングのデメリット
 
*衝撃や温度変化に弱い
一般的に、激しい温度変化にさらされたり、強い衝撃が加わったりすると変形しやすいとされています。
 
*サビが発生しやすい
一般的な金属サイディングはサビが発生しやすいとされており、洗浄や塗替えなどの定期的なメンテナンスを怠るとサビが発生してしまいます。
特に、海岸付近で使用する場合は塩害の被害を受けやすいため、注意が必要です。
しかし、リノベーション株式会社で使用しているガルバリウム鋼板・ガルファンなら、めっき層の亜鉛とアルミニウムが鉄素地を保護するため、サビが生じにくくなっています。
 
以上、金属サイディングについて、メリットとデメリットをご紹介しました。
快適な住生活を実現するためには、各外壁材の特徴を把握して、最適な外壁材を選ぶことが欠かせません。
外壁材選びで迷っている方は、ぜひ一度、リノベーション株式会社へご相談ください。