リフォームの豆知識|札幌市のリフォーム|リノベーション株式会社|住宅 戸建て マンションリフォーム

0120-47-1177

リフォームの豆知識

リフォームの豆知識

外壁リフォームはどうして必要なの?意外と知らないその理由とは

外壁リフォームというと、見た目をきれいにすることが目的だと考えられがちです。

確かに外観を良くすることも目的の一つですが、その他にもいろいろな恩恵を受けられます。

そのため、見た目に問題がなくても、リフォームを実施することは珍しくありません。

たとえば、強度を向上させるために塗料を塗り直すことも外壁のリフォームに含まれます。

一口にリフォームといっても具体的な手法はさまざまです。

その多くに共通している要素として、しっかりと塗装をすることが挙げられます。

以前用いられていた塗料のなかには、色を付けることだけが目的のものもありました。

しかし現代の塗料には、壁面を保護する成分が入っているのが一般的です。

外壁には、好ましくないものが家に入るのを防ぐ働きがあります。

排気ガスや埃といった汚れも該当しますし、風雨や強い日光といった自然現象もそうです。

それらが家に入り込んでしまうと内装やインテリアの劣化を早めたり、住んでいる人の健康を害してしまう恐れもあります。

そのようなリスクを防ぎたいなら、外壁を健全な状態に保っておくことが大切です。

したがって、内装や体に被害が出る前にリフォームを実施することがよくあります。

また、そもそも塗料の寿命が尽きたことにより、塗り替えが必要になることも多いです。

いったん塗ると永久に使えると考えている人もいますが、商品ごとに耐用年数が決まっているので注意しなければなりません。

外壁の素材が傷んでいなくても、塗装が剥がれている状態だと、ダイレクトに風雨などのダメージを受けてしまいます。

そうなると木材の腐食が進んでしまいますし、金具には錆が発生することになるでしょう。

そういった状態になると、塗装を塗り直すだけでは済まなくなります。

パテでは修繕が追い付かないほどクラックが広がってしまうことも少なくありません。

そうなるとリフォームにかかる費用は大きくなってしまいます。

そのような事態を招かないように、塗料の耐用年数が切れた時点でリフォームするケースも多いのです。
また、資産価値をアップさせることも理由の一つとなっています。

特に売却を視野に入れているなら、外壁を新築のような状態にすることは、購買意欲の向上に結び付く大切なポイントです。

もちろん内装なども大切ですが、やはり外からの見た目が第一印象に大きく影響します。

したがって、昔ながらの住まいであれば、大胆にデザインを変更して現代風にするのも一つの手です。

このように外壁をリフォームする必要性は多岐にわたるので、タイミングを見誤らないように気を付けましょう。