リフォームの豆知識|札幌市のリフォーム|リノベーション株式会社|住宅 戸建て マンションリフォーム

0120-47-1177

リフォームの豆知識

リフォームの豆知識

断熱サッシの構造と相場について札幌市の業者が解説

サッシには、どのような役割があるでしょうか。
窓まわりの見た目を決めたり、窓の安定性を高めたりなどがありますが、北海道などの寒い地域では「外からの冷気の遮断」もサッシの重要な役割です。
今回は、断熱性に優れ、部屋の空気を暖かく保つ機能に特化したサッシについてご紹介いたします。

□サッシの種類
サッシには、様々な種類があります。
アルミサッシ、木製サッシ、樹脂サッシなどの種類があり、特にアルミサッシが多く使用されています。
アルミサッシは安価で耐久性がありますが、熱を伝えやすいという特徴があります。
そのため気温の低い地域では部屋が寒くなってしまう原因になります。
木製サッシや樹脂サッシはアルミサッシに比べて費用は高く、耐久性も劣りますが、断熱性は優れます。
また、アルミと樹脂を組み合わせたハイブリッドサッシもあり、価格を抑えつつ断熱性を高めます。
このように、断熱性を重視したサッシを「断熱サッシ」といいます。

□断熱サッシの構造
断熱サッシには、上のように材質で断熱性を高めたものと、構造で断熱性を高めたものがあります。
たとえば、サッシの内部に空気の層を形成する構造などがそれに当たります。
これにより、室内と室外の空気を遮断され、断熱性がアップします。
また、サッシの外側部分(家の外に向く面)にはアルミを使い、内側部分(部屋の中に向く面)に樹脂を使う構造もあります。
サッシの外側部分は、常に外気や雨水にさらされるため劣化が進みやすいのです。
なので、耐久性が必要な外側にはアルミを用います。
反対に、内側は外側に比べると劣化が進みにくいため、樹脂を使うことで断熱性を高めます。
このような構造にすることで、断熱性を持ちながら耐久性も優れ、価格も抑えることができます。

□断熱サッシの相場
メーカーや地域によって価格に差はありますが、断熱サッシは普通のアルミサッシと比べて高価です。
普通のサッシの、4倍ほどの価格であると考えておきましょう。
樹脂サッシが最も高価で、樹脂とアルミのハイブリッドサッシが少し安価です。
ですが、その効果は抜群です。
断熱サッシを用いれば、室内の暖かさが保たれ、エアコンなどの光熱費の節約に繋がります。
さらに、体調を崩すリスクも減ります。
ランニングコストを考慮すると、北海道などの寒い地域では断熱サッシの使用は当たり前であるともいえます。

□まとめ
今回は、断熱サッシについてのご紹介でした。
寒い地域では、室内温度を暖かく保つことがサッシの重要な役割であると言えます。
光熱費の節約と体調管理という一石二鳥の効果がある断熱サッシを検討してみてはいかがでしょうか。