リフォームの豆知識|札幌市のリフォーム|リノベーション株式会社|住宅 戸建て マンションリフォーム

0120-47-1177

リフォームの豆知識

リフォームの豆知識

札幌市の方ご注目、外壁の老朽化の見極めとメンテナンスの重要性

「外壁塗装って塗り直しが必要らしいけど、どれくらいの期間が目安なんだろう?」
外壁塗装の塗り直しは、新築から10年が目安だと言われています。
しかしこの年数は気候や使用条件によって左右されます。
なので、塗装の劣化状況を見て塗り直しのタイミングを検討するのがいいでしょう。
今回は、様々な劣化現象とメンテナンスのポイントについてご紹介いたします。

□外壁の劣化症状
外壁は常に紫外線や雨水にさらされています。
塗装の劣化が進むと、様々な劣化症状が現れてきます。
それらの症状は、メンテナンスの目安になります。
以下に、外壁塗装の劣化症状の例を挙げてみます。

*チョーキング現象
外壁の表面が粉を吹く現象です。
チョーキング現象は、外壁の劣化現象の中でも初期段階の症状です。
しかし、放置しているとコケやカビの発生など他の劣化症状につながります。

*色あせ
色あせの原因には、紫外線や酸性雨などがあります。
色あせが直接外壁のダメージにつながるわけではありませんが、劣化が進行しているサインとして見逃せません。
見た目を考えても、塗り直しをしたほうがいいでしょう。

*クラック
割れ目の幅が0.3mm以下のものはヘアクラックと呼ばれ、それ以上のヒビは構造クラックと呼ばれます。
クラックから水が侵入して外壁の劣化を進める可能性があるので、早めに塗り直しをする必要があります。
また、コーキング剤を使ってヒビを埋めるメンテナンスもあります。

*コケ、カビ
コケやカビは、一見なんの害も無いように見えます。
しかし、コケやカビが発生するということは外壁塗装が湿気を含んでしまっているという証拠です。
外壁にとって湿気は天敵であり、コケやカビに含まれる湿気も外壁にとってあまり良くありません。
たかが、と思わずに、しっかり取り除きましょう。

*コーキングの劣化
壁と壁のつなぎ目のような部分であるコーキング剤が劣化すると、弾力性を失ったりヒビが割れたりします。
コーキングは外壁塗装よりも劣化が早いので、コーキングの劣化を発見した時点でメンテナンスすることが望ましいと言えます。

*塗膜剥離
塗膜が剥がれるといった症状が見られれば、すぐに塗装をし直す必要があります。
塗装が剥がれているということは、外壁がダメージにさらされているということだからです。
外壁の内部にダメージが及ばないうちに塗料の塗り直しをすることで、外壁の保護機能を取り戻しましょう。

□外壁塗装のメンテナンス
外壁の劣化症状が確認できた場合、どう対処するのが良いのでしょうか。
自分で塗料を塗り直すという選択肢もありますが、やはり業者に委託するのが一番です。
自分で外壁のメンテナンスをしようとすると塗り残しや塗りムラが発生し、結局塗り直しということにもなりかねません。
ほとんどの塗装業者は、外壁塗装の見積もりを無料で行っています。
外壁について気になることがあれば、気軽に相談してみましょう。

□まとめ
今回は、外壁の劣化症状についてご紹介いたしました。
症状を確認したら、リフォーム会社や塗装会社に相談し、できるだけ早めにメンテナンスを行うことが大切です。