リフォームの豆知識|札幌市のリフォーム|リノベーション株式会社|住宅 戸建て マンションリフォーム

0120-47-1177

リフォームの豆知識

リフォームの豆知識

乾式タイルで外壁リフォームする魅力とは?札幌市業者が解説!

皆さんは外壁タイルには2つの種類があることをご存知でしょうか?
一つは乾式タイル、もう一つは湿式タイルというものです。
「外壁リフォームをする上で、タイルの種類なんて何か関係があるの?」「外見は同じタイルなのだから、デザインが良ければそれで良い。」
札幌市の建築業界でも、このような話を度々聞くことがあります。
建築業者にリフォームをおまかせするのも確かに良いことです。
ただ、それでは少しもったいないように感じます。
タイルの種類によっては、定期的にメンテナンスを行えば何十年もの間綺麗な外壁を保つことができるからです。
皆さんの中で、せっかくお金をかけてリフォームするなら、長く綺麗な家であってほしいという思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、今回は2つのタイルの違いとおすすめのタイルについてご紹介します!

 

□湿式タイルとは?
湿式タイルとは、コンクリートやモルタルを下地に、上からタイルを貼り付けるタイルのことです。
湿式タイルは昔からよく使われており、鉄筋コンクリート造の外壁タイルなどがこれにあたります。
特徴としては、施工が手作業で行われます。

そのため、職人の腕によって完成度が変わってきます。
また、材料の組み合わせによって様々な質感を生み出せますが、塗った後に乾燥が必要なため、時間がかかります。

 

□乾式タイルとは?
乾式タイルは、下地となるベースサイディングを貼った後に、外壁タイルを接着剤などで貼り付けていきます。
特徴としては、下地の上に丈夫な外壁タイルを貼り付けるため、経年劣化が少なく、塗り替えなどのメンテナンスが必要ありません。
また、施工に技術がいらないため、安定した品質が保たれます。
ただ、質感の自由度は様々な材料の組み合わせができる湿式タイルよりは劣ります。

 

□おすすめのタイルは?
おすすめのタイルは乾式タイルです。
理由は乾式タイルの方が、施工時間が短いし、耐久性が高いし、品質も高いし、、、などなどとメリットがたくさんあるからです。
一方で、湿式タイルのリフォームは質感にこだわりがある方におすすめです。

 

□まとめ
今回は、外壁リフォームにおける2つのタイルの種類と、おすすめのタイルについて紹介しました。
湿式タイルは歴史が深く、特有の質感を出せますが、乾式タイルに比べて機能性が全般的に劣ってしまいます。
長く綺麗な外壁を保ちたいのであれば、これを機に乾式タイルでの外壁リフォームを考えてみることをおすすめします。