KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市にお住まいの方必見です!寒冷地における浴室が抱える問題点をリフォームで解決!

札幌市民の皆さん!現在リフォームを検討中ではありませんか?

特に札幌市のような雪の降る寒冷地では、浴室やトイレなどの水回りが中心のリフォームは一番気になるところですよね。

特にお風呂は一日の疲れを癒してくれる唯一の空間。当然毎日利用するため日々の入浴を楽しく快適に利用したいですよね。

そこで今回は寒冷地における浴室の問題点とその原因、そして対策についてお話ししたいと思います。

■寒冷地におけるバスルームの問題点

・浴槽内のお湯の温度がすぐに下がってしまう。
・冬場は脱衣室との温度差が激しい。
・浴室の足元が冷たすぎる。
・換気が悪くかび臭い。

これらのような問題点が寒冷地に住んでいる人々を悩ませています。

■原因は?

原因は当然外部の気温によるものです。北海道は日本で一番寒い地域であり、家も日本で一番頑丈に作られていると言われています。

そのため床暖房や断熱材を使用して、部屋の中を常にあたたかく保つようにされています。

しかし、保温性と気密性を高めすぎた結果、換気性に欠けた室内は、湿度が高くなり風呂場にカビが発生しやすい環境を作ってしまっています。

また「凍害」という現象は寒冷地ではよく生じやすく、トイレや浴室など水回りに発生しやすいです。

これは、水分を吸収した壁が気温の変化で膨張と縮小を繰り返し、外壁にヒビや変形を引き起こすのです。

■浴室リフォーム成功をさせるには

浴室のリフォームを検討する際、重視する点は「断熱」「気密」「換気」の3つのポイントを改善することです。

そのため浴室全体の暖かさを維持するためには、浴室と脱衣室を含めた建物全体を高断熱化、高気密化、そしてカビなどの異臭を防ぐためにも計画換気まで考慮する必要があります。

そうすることで浴槽そのものの機能が向上し、光熱費を節約することができます。

また、先ほども述べましたが、水回り付近は凍害が発生しやすく、外壁の内側に水をため込みやすくなっています。

冬場になると水分を吸収した外壁が凍結し膨張することでひび割れや剥離現象を引き起こす可能性もあるので、金属サイディングという断熱性と耐久性に優れた外壁材の使用もお勧めです。

■まとめ

いかがでしたか。

毎日使用するバスルームをもっと快適に楽しく利用したいですよね。

特に寒冷地にお住まいですと、凍害という寒冷地ならではの現象は避けては通れない問題です。リフォームだと浴室の寒暖差やかび臭さ、換気の悪さを改善することができます。

これを機に札幌市民の皆さん、浴室バスルームのリフォームを検討してみてはいかがですか?


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください