KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

お風呂場リフォームを失敗しないための3つのポイントとは?札幌市の業者が解説!

お風呂場というのは生活の上で欠かせないスペースです。そのようなお風呂場のリフォームをするのであれば、ぜったいに失敗は避けたいですよね。

そこで、お風呂場のリフォームを失敗しないための3つのポイントをご紹介したいと思います。

■浴室と脱衣所の温度の差に気を付けよう!

皆さんは「ヒートショック現象」という言葉をご存知ですか?

これは、温度差によって身体に起こる異常のことです。

ヒートショックは寒い冬場の発生率が格段に高く、特に体の弱い高齢者に起こりやすいです。

暖房の効いた暖かい部屋から冷たく冷え切った浴室に入って熱いシャワーを浴びると、心臓に大きな負担をかけてしまいます。

温度変化が急激すぎると、心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中・不整脈になってしまうリスクが高く、大変な危険が伴います。

対策としては、浴室と脱衣場の温度差を小さくできるようなシステムを導入することです。

また、ヒートショック現象には、床材を保温性の高いものを選ぶことも効果的です。

■窓の大きさに気を付けよう!

お風呂場をリフォームする際に窓を大きくされる方が多くいらっしゃいます。

窓を大きくすることで、開放感があるお風呂場を作ることができます。

ただ、窓を大きくした結果、外からの視線が気になってしまい、落ち着いて入浴ができなることも考えられます。

窓は工事をする前に、外からどのように見えるのかを考えて、ちょうどよい大きさのものを選びましょう。

■換気に気を付けよう

お風呂場の換気はとても重要です。

たとえ窓を付けていたとしても、換気扇は必要です。

その換気によって得られるメリットを2つご紹介します。

・カビの発生を抑制

換気扇をつけておくことで、浴室内にたまった湿気を外部へと逃がすことができて、カビの発生を抑制できます。

・悪臭を防げる

お風呂場とは体の汚れを落とす場所ですから、汚れが溜まってしまいます。

そして、その汚れは悪臭の原因になることは言うまでもありません。

そのような悪臭は換気扇を付けることで、外に逃がすことができます。

これで、悪臭のあるお風呂を改善できます。

また、悪臭対策については換気以外にも、お風呂上りに一度シャワーで浴槽全体を洗い流すことも効果的です。
これらのメリットをより感じるためには、24時間換気扇を回し続けることをお勧めします。

いかがでしたか?

ここまで、お風呂場のリフォームの際に気を付けるべきポイントを3つご紹介しました。
せっかくリフォームするのであれば、お風呂場を安全性が高く、清潔感のある快適な空間にしましょう。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください