KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

内窓って知ってる?札幌市で良質で価格の安いリフォームをするための秘策!

皆さんこんにちは。
札幌周辺にお住いの皆さんは長くつらい冬の時期に突入していますね。

外に出歩く際には防寒対策をしっかりして、雪道でこけないように気を付けてくださいね。

そんな寒い札幌で家の中がより温かくなれば良いと思いませんか?

そこで今回は内窓に関するお話をしていこうと思います。

【想像以上にすごい!】

内窓の効果を体感したことない人には、窓の内側にもう一枚窓を増やしたところでそんなに変わらないと考えてる人も多いかともいます。しかし、この窓一枚が大きな役割を果たすのです。

札幌周辺に住んでいれば冬の寒い時期は24時間暖房をつけっぱなしという家庭も多いかと思います。それが寒さがきつく、長い期間続くので電気代や、その他費用にかかるお金はほかの地域と比べて圧倒的に高くなります。そこで活躍してくれるのが「内窓」なのです!!

屋内の熱が逃げる場所は屋根や壁よりも窓やドアがほとんどで、全体の40%の熱は窓から逃げているといわれ、この二つがせっかく温めている部屋から熱も逃がして寒くしてしまっているのです。

また、現在ついている窓に合わせるだけなので施工時間も短く大掛かりな工事は必要ありません。

【結露を防ぐ】

普段水を飲む際に氷を入れておけば結露してコップが水でびしょびしょになってしまいますよね。窓の結露も同じ原理で外と中の温度差が大きいため、冷やされたガラスが部屋の中の温かい空気に触れることで空気の中の水分が冷やされ、水滴になってしまうのです。

これは冬よく見る光景であると思いますが、この水滴でカーテンが濡れたり、水滴が下に落ちてきて窓の淵や、床が濡れてしまったりということもあるかと思います。
そんな問題も、内窓があれば二重構造で、内と外の温度差をあまり広げないことで、結露することを防ぎます。

【防音効果】

当然といえば当然ですが、内窓を付けることで防音効果を生まれます。窓一枚で大して音は小さくならないと思われるかもしれませんが、一般的にうるさいといわれる交差点の音量が80bBといわれ、内窓にするとそれが半分近くに減少します。

寒い札幌の地で、寒さ対策ができ、その上省エネになり、毎年悩まされてきた結露や、線路や交通量の大交差点の近くに住んでいる方は騒音を軽減できます。

ただ一枚の窓を追加するだけで多くのメリットがついてきます。
簡単なリフォームで大きな効果を得られる内窓を検討中の方には、ぜひ設置することをおススメします。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください