KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市民必見!バリアフリーリフォームで失敗しないためには?

近年、日本では、超高齢化社会に伴い、バリアフリーへの意識が高くなっています。この記事を読んでくださる皆さんの中には、
「子育ても終わったし、そろそろ自分の老後のことを考えて、住みやすい住宅に作り替えたい。」
「両親が高齢化して、そろそろ介護について意識したい。」
というようなお考えをお持ちではないでしょうか。

バリアフリー住宅へのリフォームは、時期や内容といったことをあらかじめ計画することが重要です。
今回は、バリアフリー住宅へのリフォームをお考えの方に、あらかじめ確認しておきたい2つのポイントをご紹介します。
リフォームで失敗しないために、以下の内容を頭に入れましょう。

●なぜリフォームが必要なのか理解しておく
リフォームを検討する前に、どうしてリフォームが必要なのかもう一度確認しましょう。
バリアフリー住宅へのリフォームを検討する方の一般的な目的は、
・今不便に感じている場所や機能を改善させるため
・将来生じる可能性がある、病気や怪我に備えておくため
の二つです。

特に一つ目の目的について考えましょう。
今現時点で考えている住居の悩みは、歳をとって運動能力や判断能力が落ちた際には、もっと大きな悩みになっている場合が多いです。
例えば、鋭利な物など、危険な道具が多いキッチンが、狭いと感じられている場合は、老後に機能が衰えた際には、もっと危険になります。

次に二つ目の目的について考えましょう。例えば、将来、車いすで生活を余儀なくされる可能性があります。その場合、生活に不可欠な、トイレや浴槽、洗面台などの水周りは、広くないと、大変不便になりますね。
あらかじめ、リフォームする理由を理解し、その最重要課題を直しましょう。

●どこまでリフォームを行うのか決めておく
リフォームを行う際は、あらかじめどこまで行うのか明確に決めておきましょう。
バリアフリーリフォームといっても、用途や手段によって様々です。
手すりを一つ設置するだけでも可能ですし、部屋全体を老後に備えてリフォームすることもできます。

しかし、そこまで行う必要がない場所までリフォームを行うと、費用も多くかかりますし、もったいないですね。
あらかじめ目的と予算を決めておき、リフォームを行う範囲を確定しましょう。

〇最後に
今回は、バリアフリーリフォームで失敗しないために、あらかじめ計画が必要なポイントを2つご紹介しました。
事前に目的と範囲を決めておき、納得のできる後悔のないリフォームを行いましょう。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください