KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

窓のトラブルを一気に解消!?内窓のすすめ!札幌市のリフォーム業者がご紹介!

「窓際寒いな…」「え、窓がビショビショだ…」こんな経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

部屋の中はどこでもあったかくあって欲しいですよね。

また、窓の結露が原因で、カビてしまったなんてことは避けたいものです。そんなあなたにおすすめなのが、内窓です。

北海道にお住いの方は、聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。内窓のメリット・デメリットについてまとめました。

■内窓とは

内窓とは、その名の通り、内側に設置する窓のことを指します。

ここでいう内側とは、既存の窓から見て内側ということです。

そのため、内窓は二重窓・二重サッシとも呼ばれます。内窓はもともと、防音用として開発されましたが、北海道のような寒冷地で断熱用として使われるようになりました。

もっとも、現在では、防音効果やそのエコさを理由に採用されることも多いようです。

■内窓の原理
既存の窓と内側の窓との間にある空気層が、外部と室内を完全に遮断してくれます。

そのため、様々なメリットがあります。

■内窓のメリット・デメリット
・内窓のメリット
内窓のメリットは、なんといっても断熱効果です。室内と外部を切り離し、室内の気密性を高めるため、室内の熱を逃がしません。

そのため、暖房を使う時間をより少なくできます。

よって、経済的な観点から見ても、エコの観点から見ても優れています。

第二のメリットは結露防止です。冬場は、室内外の気温差が原因となって結露がひどくなる場合が多いようです。

結露がひどくなるとカビが発生しやすくなるため、掃除やメンテナンスが大変になるというデメリットがあります。

しかし、内窓を設置すれば、窓が二重になるため、結露に悩まされることも減ります。

第三のメリットは、防音・防犯効果です。

空気層が、室外の寒さだけではなく、室外の騒音までもシャットアウトしてくれるため、防音効果が期待できます。

また、窓が二枚になるため、防犯にも役立つでしょう。

・内窓のデメリット

第一に、当然ですが費用がかかります。ガラスやメーカーによって値段が異なるため、自分に合ったものを選ぶのが重要です。
第二に、外に出る・中に入るのに時間がかかります。

これまでは、一枚の開け閉めで済んでいたところ、二枚の開け閉めが必要になるため、面倒と感じる人もいらっしゃると思います。

もっとも、感じ方には個人差があります。

■まとめ

内窓は、寒冷地にお住いの皆様に味方です。

既存の窓の内側に窓をもう一枚設置するだけなので、リフォームの手間もあまりかかりません。

圧迫感もデザインを選べばさほど感じません。興味を持った方、検討してみてはいかがでしょうか。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください