KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市のプロの業者に聞いた!北海道のリフォームが本州と違うところ

北海道にお住みの方でリフォームをご検討されている方はいらっしゃいますか?
検討し始めたら、まず初めにインターネットなどでリフォームについて調べますよね。

そんな時に、本州のリフォーム業者の情報や評判を多く見かけます。
これらを北海道のリフォームでも参考にしていいのでしょうか。
北海道のリフォームが本州と違うところを、札幌市のプロの業者が解説します。
□北海道と本州のリフォーム業者の違い
北海道は日本で最も寒い都道府県です。
しかし、部屋の中の気温は最も高く、20℃以上あります。
これだけ暖かいので、室内では半袖半ズボンで過ごしている方が多いことが全国アンケートの結果で分かっています。
北海道のリフォーム業者は本州と違い、まず部屋の中を暖かくすることを重視しています。

例えば、外壁のリフォームの場合、デザインや耐久性も重要ですが、どのような断熱壁を使用するかも重要です。
乾式タイルや金属サイディングなどの断熱性能がとても高い外壁が人気で、これらをメインで扱っている業者もあります。
また、家の気密性も重要です。
室内の暖かい空気を外に逃がさず、外の寒い空気を部屋に入れないように、密閉型の家をつくる建築技術を研究しています。
そのくらい、北海道の業者は寒さ対策に重きを置いているのです。

□北海道のリフォームが本州と違うところ
リフォームで違うところを場所ごとに見ていきましょう。

*壁・床・屋根
これらを本州でリフォームする時、風通しが良くなるようにリフォームします。
また、厚さを薄くして外に熱が逃げるようにします。
しかし、北海道では逆で、熱のやり取りがあまりないように、気密性を高め、厚いものを使用します。
さらに、断熱材や気密シートを入れるのが北海道のリフォームならではの特徴です。
この断熱材や気密シートをムラなく敷き詰める施工技術もリフォームをするうえで重要になってきます。

*窓・玄関
これらを本州でリフォームする時、風通しが良くて、日差しを遮れるようにリフォームします。
北海道では、気密性や断熱はもちろん、外と中の温度差が大きいので、結露を軽減できる二重窓を使用します。

このように、北海道のリフォームが本州と違うことを理解しておいてください。

□まとめ
北海道のリフォームが本州と違うところを解説しました。
これから本格的に寒くなってきますので、寒さ対策に不安のあるご家庭はリフォームをしてみてはいかがでしょうか。
リノベーション株式会社は、恵庭市など札幌周辺でのリフォームを専門に扱っています。
豊富な経験と実績があり、暖かい家をつくる自信があります。
お見積りは無料で行っていますので、ぜひお問い合わせください。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください