KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

リフォームで安いようにする工夫って?札幌市の業者が解説

建物は新築から10年以上経過すると、家のさまざまな場所に不具合が生じてきます。
外壁や屋根の塗装、お風呂やキッチンなどの水回りなどが痛んできます。
家に長年住み続けるためには、リフォームが必要となってくるのです。
リフォームにどの程度費用が必要なのか、費用を抑える工夫はあるのかを知っておくだけでも、実際にリフォームをする際に変わってきます。
今回は、リフォーム費用を抑える工夫について紹介します。

□リフォーム費用を抑える工夫
*相場を知っておく
何事も費用を安く抑える際は、相場を把握しておかなければなりません。
リフォームも同じで、地域によって変わってくるため知っておく必要があります。
同じ地域でも大手のハウスメーカーとその地域の工務店では、相場に多少の差はあります。
相場を知るための一つの手段として、相見積もりを依頼するのが良いでしょう。
相見積もりとは、複数のリフォーム施工会社に見積もりを依頼し、その中から自身に合った会社を選ぶことです。
相見積もりの際は、多くの会社に頼みすぎると連絡が大変になるため、2〜3社程度に抑えましょう。
そうすることによって、相場を把握できるだけでなく、交渉を有利に進めることができます。

*プラン変更をする
見積もり後に、さらに費用を下げたい場合はプランを見直す必要が出てくる可能性があります。
なるべく最低限の施工で済むようなプランに変更すると、それに伴い費用も安くなります。
また、レイアウトや使用する設備について見直すことで、大幅に費用が下がることもあります。

*工法を変更する
間取りの変更をする際に、柱に材木を使用するのか鉄骨を使用するかで費用は変わってきます。
費用を抑えるために、大工の手によって直接作られる部分は材木を使用するなどして、根本的に工法を見直すことも方法の一つです。

*材料のグレードを下げる
リフォームに使用する材料のグレードを下げることによって費用を抑えることも可能です。
材質などを然程気にされないという方は、グレードを下げてみるのも良いかもしれません。
ただ、絶対に譲れない箇所がある場合は、そのままにして他の妥協して良い部分でグレードを下げるようにしましょう。
妥協して良い部分と良くない部分を選別しておくことは大切です。

□さいごに
今回は、リフォーム費用を抑える工夫について紹介しました。
これらの工夫を把握しておき、リフォームをする際には、ぜひ活用してみましょう。
リフォームに関するご相談は、リノベーション株式会社までお問い合わせください。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください