KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市で凍害にお悩みの方へ、金属サイディングの外壁リフォームをご紹介

札幌市のような寒冷地に住んでいる方の中には、凍害に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
「見た目だけの問題」と放置していると、重大な問題を引き起こしかねません。
そこで今回は、凍害に悩んでいる方に向けて、その原因や、対策として金属サイディングへのリフォームが有効なことについて解説します。
 
□外壁の凍害とは?
 
凍害が特に生じやすいとされる窯業系サイディングには、セメントが材料として用いられており、その特徴として、水分を吸収しやすいことが挙げられます。
住宅の建設当初は、外壁に塗られた塗料の効果によりある程度の防水効果は見込めるのですが、経年劣化によって塗膜が次第に剥がれていきます。
それに外壁自体の経年劣化も相まって、外壁が水分を吸収しやすくなってしまいます。
気温が氷点下になるような寒冷地では、その水分が凍結、膨張し、外壁が押し出されることで、ひびが入ったり、剥がれたりする凍害が起こります。
 
□凍害を放置するとどうなるか?
 
冒頭でも述べたように、凍害で外壁がはがれることは、ただ見た目が悪くなるだけではなく、建物全体に被害を及ぼしてしまう場合があります。
外壁に生じた隙間から雨水や雪解け水が入り込み、外壁だけでなく、建物内部まで腐食してしまうのです。
 
□見かけにはわからない凍害もある?
 
凍害は、外壁表面にだけ生じるものではありません。
外壁部分にある隙間から水分が入り込んだ場合は、内側から凍害が進行するため、表面からは被害を認識できないのです。
そのため、寒冷地に住んでいる方は、信頼できる業者に定期的に点検をしてもらうことが必要です。
 
□凍害を防ぐには金属サイディングが良い!その理由とは?
 
*防水性が高い
金属サイディングは表面が金属でできており、防水性が高く水分を吸収しにくいため、凍害のリスクが低いのです。
 
*断熱材が入っているため、結露が生じにくい
サイディングの内側に生じる結露も凍害の原因になります。
金属サイディングは裏に断熱材が入っており、結露の発生を防ぐため、凍害が生じにくくなっています。
 
これらに加え、リノベーション株式会社で使用する金属サイディングには、耐久性に優れたガルバリウム鋼板・ガルファンが使用されているため、凍害によってボロボロになりにくいのです。
 
以上、外壁に生じる凍害について、金属サイディングへのリフォームが有効なことをご紹介しました。
凍害を放置すると、外壁だけでなく、住宅全体がボロボロになってしまいます。
凍害に悩んでいる方はぜひ、金属サイディングへのリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください