KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

凍害が金属サイディングの外壁リフォームで改善する理由を札幌市の業者が解説

札幌市などの北海道や東北地方や北陸地方等の寒冷地にお住まいの方では、外壁の劣化に特に注意が必要です。
実際にお住まいの外壁の状態を確認してみるとひび割れや剥がれおちる等の素人目にも明らかな劣化状態を確認することが出来るのではないでしょうか。
寒冷地でよく観察されるこのような外壁のトラブルは「凍害」の典型的な症状です。

これは文字通り凍ることに起因する劣化現象です。
目には見えない微細な隙間から水分が外壁内部に侵入することで気温低下による凍結と、日中の気温上昇による溶解を繰り返すことでひび割れが発生したり塗膜ごと剥がれおちたりするトラブルに発展します。
特に多く観察されるのはコンクリート素材を使用している外壁の場合です。
凍害といえども最初から深刻なトラブルではなく些細なクラックなどの症状から始まるので見過ごされがちです。
しかしたかだかひび割れ一つを甘く見ていると大規模な改修工事が必要になり、思わぬ高額な工事費用が必要になることも珍しくないわけです。
そこで寒冷地において独特の外壁トラブルなどに遭遇しても早期に対処できるように、外観上の変化の特徴や対処法などを検討してみましょう。

凍害は同じ環境でありながら、あるお住まいでは発生するにもかかわらず、あるお住まいでは特段のトラブルに発展していない場合があります。
その違いはどこにあるのかと言えば、端的に言うと外壁の劣化にあるとされているのです。
コンクリートなどのセメント材は湿気や水分を吸収しやすい性質を持っています。
そこでセメントを使用した外壁では水分の吸収を抑制するために、新築当初は防水性の高い塗料などが塗られています。
この塗膜のおかげで風雨や紫外線などの影響から建物を守っているわけです。
しかしいかに堅牢な塗膜といえども経年劣化はまぬかれず、塗料の防水効果などは喪失されていきます。
そうなるとセメントの水分吸収しやすい性質がもろに発揮されてしまうので冬場になると外壁にトラブルが頻発するようになるわけです。

特に多く発生するのは風呂場や台所などの水回りに接している外壁や、雨水にさらされるアルミサッシ回り、シーリング剤を使用している箇所などです。凍害が進行すると水分の膨張による表面の破壊に始まって、スケーリングと呼ばれる劣化現象を経て最終的には外壁の崩壊につながります。

凍害が発生するということは外壁全体に劣化が進行している状況を示唆しているので、同時多発的に外壁に剥がれなどがめだつ場合には部分的な補修工事寄りは外壁リフォームを行うことで抜本的に解決をみる場合が多いようです。
防水性能等が回復するうえに、見た目も新築時の状態に蘇ります。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください