KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

金属サイディングに関するメリットとデメリットを札幌市の業者が解説

家をリフォームする時に金属サイディング工事を行うメリットとデメリットは何かを札幌市の業者が詳しく説明します。
まずメリットとしては、断熱性が非常に高いという点です。
表面がガルバリウム鋼板で、芯に断熱材が入っていますので冬に家が冷えるのを防いでくれます。
 
また耐震性が高いというのも大きな魅力の1つです。
ガルバリウム鋼板は金属ですが、非常に軽い為、家の基礎部分や柱といった重要な箇所に大きな負担をかけません。
その為地震等の自然災害が起きても家に負担がかかりにくいです。
 
他にも防水性が高く凍結する心配がないというのもメリットです。
水を含んだ外壁が凍結すると、外壁は膨張し、いずれ破損してしまいます。
 
しかし金属サイディングは、表面が金属の板なので、水分が内部にしみ込むという事はありません。
その為劣化しにくいというメリットがあります。
しかも結合部分は重ね合わせる形で張り合わせていくので、その箇所から劣化して雨漏りするという事にもなりにくいというのも魅力です。
 
一方デメリットもいくつかあります。
それは金属サイディング工事だと錆びる恐れがあるという点です。
たしかに軽くて丈夫で、断熱性も高いという点はありますが、錆びに弱いという点があります。
 
雨等気候の影響で錆びてしまう事がありますし、塗装が劣化してきて塗料の効果が薄れてくると次第に錆びてきてしまいます。
 
もちろんガルバリウム鋼板は比較的錆びには強い素材ではあるのですが、それでも絶対に錆びない素材という訳ではありません。
 
またメンテナンスが結構面倒というのもデメリットです。
金属サイディングは一見メンテナンスの必要がないと考えがちですがそんな事はないです。
年数が経てば経つ程、錆びによって金属も劣化していきます。
さらに日頃からきちんとメンテナンスをしていないと劣化のスピードはさらに速くなります。
 
一般的にガルバリウム鋼板は錆びにくいですが、加工した時の切り口が錆びやすいという弱点も知っておくべきです。
その為日頃からメンテナンスが必要になってきますが、メンテナンスの仕方としては3ヶ月から半年に1回ぐらいのペースで外壁をホース等で水洗いをして汚れを落としましょう。
 
この時の注意ポイントとしては、外壁を強くこすったり、研磨剤入りの洗剤を使ったりしない事です。
これらは外壁を傷つけ、その結果壁の劣化を早め錆びの影響を受けやすくしてしまうからです。
 
その為高圧洗浄機を使うと良いですが、水圧を最大で洗っていると、結合部分から内部に水が浸入する事もありえますので水圧はほどほどにしておきましょう。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください