KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

外壁の老朽化を見極め方とメンテナンスの重要性を札幌市の業者が解説

外壁の老朽化は見過ごせない問題です。
家屋は本来雨ざらしの状態であり、そこから家屋内を守るのが外壁の役割です。
その外壁がバリアの役割を果たせない状態であったら、すぐに水分が建物の構造体に浸み込み、木が腐ったり鉄骨が錆びたりしてしまいます。
そうならないよう、外の壁は常にチェックし、メンテナンスしていかなければなりません。
 
外壁の塗装が劣化すると、チョーキング現象が起こります。
チョーキング現象が起こった壁を触ると、指に塗料がこびりつきます。
建物の外壁は赤外線や紫外線でも、雨や湿気によっても劣化します。
それによってチョーキング現象が起こると、塗装の防水性がなくなり、壁材自体が水を吸うことになります。
そのため早急な塗り直しが必要です。
壁を触って塗料が指に付くようであれば、要注意です。
 
外の壁であっても、屋内からの影響も受けます。
室内の結露で壁の裏面から水分を吸い、その後乾燥するということを繰り返すことで壁材が変形することがあります。
変形によって目地の間に隙間ができると、外からも浸水しやすくなります。
こうなると壁表面の塗装では防げなくなり、壁材の張り替えが必要です。
 
壁表面の塗装の劣化で、外から壁材に水が浸透し、冬期に凍害が起こることがあります。
それによって壁の表面が剥離するようになると、見た目に問題があるのはもちろんですが、建物自体を守るためにもメンテナンスが必要になります。
この場合は塗装のやり直しでは対応できませんから、壁を張り替えることになります。
 
コーキングの劣化にも注意が必要です。
コーキングの劣化でジョイント部に隙間ができると、そこから浸水し、構造体を傷める原因になります。
この場合はコーキングの詰め替えが必要です。
 
こうした壁の劣化を放置しておくと、建物内部はもとより、建物自体が傷んでいきますから、早い対応が不可欠です。
札幌市東区のリノベーション株式会社では、リフォーム設計・施工全般を事業の柱としており、壁の張り替えも得意分野としています。
張り替えでのおすすめは、金属サイディングです。
金属サイディングの表面はスチール板などで、裏には断熱材が入っています。
ステンレスのように丈夫であり、アルミのように腐食しにくい壁材であって、断熱効果も抜群で、しかも低価格です。
高級感のある見た目も、多くの方々に好まれています。
 
リノベーション株式会社では、この金属サイディングについて豊富なバリエーションを用意しています。
材質もカラーもさまざまある中から、ご希望の金属サイディングをお選びください。
壁材をプロが施工し、皆様にご満足いただける仕上がりにしています。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください