KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

外壁リフォームに関する補助金を札幌市の業者がご紹介

最近は外壁リフォームを行うと補助金があることをご存知でしょうか?
もちろん、札幌市でも外壁リフォームを行えば、補助金を受けることができます。
具体的には、リフォーム減税の一つで「省エネリフォーム」です。
ただし、どんなリフォームでも良いかというと、そうでは無く基準があり、あくまでも「省エネ」効果がある「断熱塗料・遮熱塗料」を使用するなどの細かい条件が多々あるのです。
かつ、省エネリフォーム減税の適用条件があって、リフォームの補助金を受けられる条件が決められています。
 
それらを説明すると「省エネ改修工事を行った方自身が所有・居住する住宅であること」「改修工事が完了した日から6カ月以内に居住している」「改修工事後の家屋の床面積が50㎡以上であり、その2分の1以上が自身の居住用に利用されている」「自身の居住部分の工事費用の額が、改修工事総費用の2分の1以上」「合計所得金額が3000万円以下」「対象となる改修工事費用から補助金等を控除した額が50万円を超える」となっており、これらをすべて満たさなければなりません。
部分的な工事を何度も行うよりも、この条件で省エネ効果のある外壁リフォームを行うことが、すべての面でお得だといえますね。
 
補助金の金額は、減税として戻ってくるのですが、その金額は次の通りです。
 
・工事費用を自己資金で支払う場合は、「工事総額もしくは標準金額の低い方の10%が250万円を限度として所得税から控除」「一年間家屋の固定資産税の1/3を減額」となります。
 
・住宅ローンを使う場合は「年間年末時点でのローン残高の1%を上限250万円として所得税から控除」「一年間家屋の固定資産税の1/3を減額」です。
大きな金額なので、忘れずに申請することが必要です。
特に、申請が工事後だと認められない場合もあるので、事前に業者とよく相談して着工する前に自治体への申請を進めましょう。
その他、各自治体でも個別に補助が出るところもあります。
 
札幌市には「幌市住宅エコリフォーム補助制度」というものがあり、「札幌市内に住宅を所有又は居住する札幌市民または法人」であり、エコリフォームが対象であれば申請が可能です。
外壁の断熱改修工事も条件が満たされれば、平成30年度は100,000円/戸の補助がでました。
この様に、国の減税補助以外にも、各自治体での個別補助を利用すれば、お得に外壁リフォームをすることができます。
ご自宅を長持ちさせるためには、10年に一度は外壁リフォームが必要となります。
上手に補助を利用してお得にリフォームしましょう。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください