KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市在住の方へ、凍害を防ぐ外壁リフォームをしませんか?

北海道は雪が多いというイメージがありますが、札幌市などは積雪は他の地域に比べると少ない傾向にあります。
しかし、冬の気温は低く、外壁にひび割れが生じたり、表面が剥がれ落ちてしまうなどの凍害と呼ばれる現象に悩まされている人も少なくはありません。
これは、その名の通り、外壁が凍ることで生じるもので、目には見えないほど小さな隙間に雨や雪解け水が入り込み、凍結と融解を繰り返すことが原因です。
窯業系サイディングやコンクリートの外壁に発生しやすい傾向にあります。

 

凍害が発生しているにも関わらず、何の対策もとっていないと、症状が進行してしまいます。
最初は表面のみの剥離ですが、徐々にひび割れが大きくなり、最終的には崩壊してしまいます。
症状が進行するにつれて、建物の構造部分にも症状があらわれだし、内部に雨漏りが発生することもあります。
このような状態になってしまうと、外壁のリフォームだけでは追いつかず、建物全体に対する大規模な補修工事を行わなければならなくなってしまいます。
費用も施工期間も長くなりますので、凍害に気がついたら早めに対策をとるようにしましょう。

 

凍害を防ぐための有効な方法としては、外壁リフォームという方法があります。
新しい外壁にすることにより、見た目も良くなりますし、塗料を新しく塗り直すことによって、防水性や耐候性を高める事が出来ます。
費用は高額になりますが、長く効果を得る事が出来るでしょう。
リフォームを行った後は定期的にメンテナンスを行うことをおすすめします。

 

外壁リフォームと言ってもいくつかの方法がありますが、比較的手頃な費用で行う方法として、既存の外壁の上に塗料を新しく塗るという方法があります。
劣化している箇所を補修しながら新しい塗料を塗る事により、防水性能などを高める事が出来ますし、凍害の発生を抑える事が出来ます。
使用する塗料の種類にもよりますが、耐用年数は10年ほどというものもあります。
新しい外壁にする場合と比べて、費用を安く抑える事が出来るという事がメリットです。

 

既に症状があらわれているという場合の応急処置として、パテを使用するという事があります。
材料を購入することで、自分で行う事が出来ますが、パテは耐用年数が短く、症状が知らない間に進行してしまう可能性もありますのであくまでも本格的なリフォームを行うまでの応急処置と考えるべきでしょう。
定期的に外壁をチェックし、気がついた事があれば、専門の業者に相談をするという事が建物を長持ちさせ、費用を抑えるコツということが言えます。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください