KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市在住の方へ、金属サイディングのメリットとデメリット

近年の住宅の外壁には、サイディング素材が使われることが多くなっています。
サイディングは人工的に作られた外壁用の素材であり、一般的にはボードのような形状で流通しています。
これを外壁に取り付けることにより、耐候性や美しい美観を長期間維持することができるのです。
外壁用のサイディングを大きく分類すると、窯業系(ようぎょうけい)と金属系とに分けることができます。
窯業サイディングはレンガや石のような仕上がりの外壁材であり、セメントに各種の素材を混ぜたボードとして作られます。
デザインが豊富で耐久性に優れることがメリットですが、一方で雨シミに弱くシーリングが劣化すると雨漏りの原因となる場合などもあるようです。

 

一方の金属サイディングは屋根材などに使われることが多い、ガルバリウム鋼板やアルミ合金などを用いて作られる外壁材です。
金属というと高価な印象があるかもしれませんが、実際には軽金属を主体として作られるため費用は窯業系サイディングとそれほど変わりません。
金属サイディングには様々なメリットがありますが、まずは断熱性に優れることが大きな特徴となっています。
金属というと冷たい感じがしますが、実際の金属サイディングは金属の表面で断熱材をサンドイッチした構造になっており、取り付けることで住宅の断熱性を向上させることができます。
室温を一定に保ち冷暖房のための費用を削減することができますので、コストパフォーマンスに優れた外壁材だといえるでしょう。
さらに耐震性が高いことも大きなメリットであり、金属で作られているため大きな地震にも耐えることができます。
金属による構造が家の強度をアップさせ、柱や梁などの構造材と同様に働くのです。
さらに防水性が高いことも特徴です。
窯業サイディングはシーリングを使用するため水に弱いというデメリットがありますが、金属サイディングはそれぞれを重ね合わせる工法のためシーリングが不要となり、内部に水が染み込まないため防水性が高くなります。
冬季の凍結にも耐えることができますので、北海道などの寒冷地の外壁材にも最適なのです。

 

一方のデメリットとしては、まずは金属であるため錆が発生することがあげられます。
ガルバリウム鋼板やアルミなどは比較的錆びにくい素材ですが、錆が全く生じないわけではありません。
特に雨の多い地域や酸性雨が発生する地域では錆が生じやすくなりますので、普段からの定期的な手入れが必要になります。
半年に一度程度高圧のホースの流水を利用して、外壁の汚れを洗い流す作業を行うようにしましょう。
定期的なメンテナンスを行うことで、金属サイディングの寿命をのばすことができます。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください