KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市在住の方へ、断熱サッシの構造と大体の相場について

住宅の断熱性を大きく左右するのが窓です。
窓の断熱がしっかりされている場合は、家の中の暖かい空気を外に逃がしにくくなり、結露の発生を防ぐこともできます。
本州では断熱性の低いアルミサッシを使用し、窓ガラスも特に加工の施されていない板ガラスを使用している住宅も多く見られますが、寒さの厳しい北海道ではほとんどの住宅で高い性能を持つ断熱サッシが使用されています。

 

断熱サッシの素材は樹脂(プラスチック)が主流です。
アルミと異なり熱伝導率が圧倒的に低いため、住宅の内外の熱を互いに伝えにくいという特性があります。
この特性によって窓枠自体の温度低下を防ぐことができ、結露も防止することが可能となります。

 

また、はめ込まれているガラスにも特徴があります。
ペアガラスやトリプルガラスという2重3重の高断熱性ガラスが組み合わされており、ガラスとガラスの間には乾いた空気の層が存在するという構造となっています。
窓ガラスに断熱処理が施されており、間に挟まれている乾燥した空気の層が外気をしっかりと遮断してくれますので、単板ガラスとアルミサッシという組合せと比較すると大幅に断熱性が向上しています。

 

窓から逃げる熱が断熱サッシによって低減されると、光熱費の削減効果が大きく向上します。
そのために北海道の厳しい冬の寒さであっても結露を発生させることなく、とても暖かな住宅を実現することができます。
樹脂枠の断熱サッシが普及する以前は、単板ガラスのいわゆる「2重窓」が主流でしたが、より断熱性が向上してスタイリッシュである樹脂サッシが圧倒的に採用数を伸ばしてきていることからも、その性能の高さがわかるでしょう。

 

窓の構造がガラス単板のアルミサッシよりも複雑化していることから、価格面ではやや高額となります。
もちろん、断熱性の低い窓を採用した場合には熱損失により光熱費が大幅にアップすることから、イニシャルコストが高くても結果的に断熱サッシを採用するほうが総コストの観点で有利となるのは言うまでもありません。

 

おおよその相場は、一般的な洋室に用いられるフィックス窓と外開き窓の組合せのタイプで10万円から20万円前後で交換工事が可能となります。
掃出し窓や大型の引き違い窓など、大きさやタイプによって異なることもありますので、お気軽に見積もりのご依頼をお願いします。
窓リフォームは比較的安い価格相場で快適な住宅空間を実現することのできる方法です。
窓の寒さや結露でお悩みの方は、ぜひ豊富な実績のある札幌の「リノベーション株式会社」をご検討ください。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください