KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市在住の方へ、外壁の老朽化を確認するポイントとメンテナンス法

自宅や建物などの外壁は太陽光による紫外線や、雨風など常に老朽化の要因となる条件下にさらされています。
特に札幌市などの地域では冬場の雪や低気温などもありますので、さらに条件が悪化しています。
自分で損傷の具合を確認してメンテナンスを依頼し、老朽化を少しでも防ぐためにも定期的にチェックする事をおすすめします。
では壁のどんな部分を見てその症状を確認するのが良いのか、いくつかのチェック方法をお伝えしますので確認してみましょう。

 

まず簡単に確認できる部分として壁の汚れやカビをチェックします。
雨が流れた跡や土やホコリなどの汚れを確認して、カビや藻なども無いかどうか見てみましょう。
カビは特に北側に発生しやすい事が特徴です。
そして太陽光を浴びて色合いが薄くなったりした色あせなどもチェックしましょう。

 

次は壁面の塗膜の浮きやチョーキングを確認します。
塗膜の面が浮いていると空気や水を通しやすくなり、損傷や劣化にも繫がります。
チョーキングとは壁面を手で触ると粉が付着する状態の事を言い、壁の塗装が薄くなっている事を表しています。

 

ここまでは症状としては割と軽い段階ですので、比較的新しい外壁にも見られる現象ですが、次にお伝えする物は劣化が進んでおり危険度も高い状態ですので早めの対処が必要になります。
劣化が激しい状態として塗膜の面の剥がれや割れが見られるケースでは、雨水が内部に入り込み下地などの損傷が発生します。
そしてさらに進行した状態がクラックと呼ばれるひび割れになります。
この場合は家の内部まで雨水が浸透していき、壁周辺の腐敗やシロアリの侵入なども考えられますのでメンテナンスが必要でしょう。
外壁を長持ちさせるには定期的なメンテナンスと状態確認が必要になってきます。
壁の素材などによってその方法や寿命が異なりますが、一般的に塗装の耐久年数が10年〜15年程とされています。

 

確認作業は自分でもある程度できますが、屋根近くなどの高い場所は危険も伴いますので専門の業者に依頼することをおすすめします。
プロの目で正しく状態をチェックしてもらい、適切な補修方法を提案してもらいましょう。
専門の業者に必要なメンテナンス内容の見積りを出してもらい、修繕の項目や費用などを確認して検討しましょう。

 

外壁の損傷が進んでしまうと修繕費なども余計に高くなってしまいますので、定期的なコンディション確認は大事です。
外壁を少しでも綺麗に長持ちさせたいとお考えの方は、壁の老朽化の状態のチェックと定期的な修繕や塗装を行ってメンテナンスする事が大事でしょう。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください