KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

凍害には金属サイディングがおすすめ|札幌市の外壁リフォーム

まだまだ厳しい寒さが続きますが、この寒さは人間だけでなく大切なご自宅の外壁にもとても影響を与えるものであり、一桁台から氷点下を記録する寒冷地では凍害と呼ばれるひび割れや外壁塗装の劣化を引き起こす可能性があります。

そこで真冬の寒さが厳しい札幌市で外壁リフォームを行っている弊社では、寒冷地に向いている外壁塗装工事のアドバイスを紹介させて頂きます。

 

みなさまのご自宅の外壁で、白い粉が浮かび上がっていたり庇周辺に塗装の劣化を目視できる場合、凍害の影響を受けている恐れがあります。

そもそも凍害とは、建物の下地と塗装面が低い気温の影響を受けて浮かび上がり、その場所に雨水が入って腐敗していくことで外壁を傷めている現象の事を指します。

温暖な気候の地域では氷点下を下回る気温になることは稀で、塗装を剥がしてしまうような影響を受けませんが、寒冷地は長期間の気温低下が影響して外壁への悪影響が強く表れてしまいます。

 

そこで寒冷地に向いている塗装方法に「金属サイディング工法」というものがあり、札幌市をはじめ北海道内にある戸建て住宅やマンションで広く用いられています。

金属サイディングとは、ガルバニウムやアルミなどの金属の銅板を成形してプレスしたものです。

エンボス加工を表面にあしらったオシャレな外壁材で洋風建築のような外見に仕上げられるのもメリットの一つです。

外見の良さだけでなく断熱効果も高いのが特徴で、真冬に暖房機器を使っても部屋中が温まらなくて困っているという方には打って付けの外壁材といえます。

表面のガルバニウム銅板には芯に断熱材を入れているので、屋外の冷たい空気をシャットアウトすると同時に屋内の暖かい空気を逃さないという特性があります。

これは窯業系の外壁では実現できない断熱能力であり、寒冷地に向いている工法の良き点といえます。

 

金属サイディング工法は十分な性能を兼ね備えているので、断熱効果も魅力だけど耐震性にも長けているのか心配だと思われている方にもおすすめ出来ます。

まずガルバニウム銅板は厚さ5mmという薄さになり、非常に軽いのが特徴です。

家全体に設置したとしても屋根や柱、そして基礎部分といった住居内で重要な箇所に負荷を掛けず、大きな地震があっても耐える事が可能です。

 

そして寒冷地に相応しく熱伝導のいい銅板ゆえに、気温が氷点下を記録しても表面が凍結することがなく窯業系の外壁塗料に見受けられる表面の浮きや雨水の浸入を心配する必要もありません。

凍害防止はもちろんのこと、寒冷地にお住まいで断熱性と耐震性も上げたいという方には打って付けの工法が金属サイディングです。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください