KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

乾式タイルの特徴や施工とは?|札幌市の外壁リフォーム

乾式タイルとは、外壁材の一種です。

「施工を行いやすく、施工不良や剥離を起こすリスクが低い」「頻繁な塗り替えなどのメンテナンスが楽」「他のタイルと比べると壁面重量が軽い」「既に出来上がっている壁の上から貼り付けることも可能なので、リフォームしやすい」とメリットが多いので、日本の住宅ではよく使われる素材です。

外壁の見た目がお洒落で高級感が出るという効果もあるので、外壁リフォームをする際に張り替えを行う方もよく見かけます。

 

乾式タイルで外壁をリフォームをするお客さまは、見た目以外に「小まめなメンテナンスを行わなくて良いので楽」だからという理由も決め手になっているようです。

何故メンテナンスが楽なのかと言うと、外壁に使われるタイルは高温で焼かれているので傷や汚れにも強く、基本的に経年劣化しない素材だからです。

事実として乾式タイルで作られた外壁は、他の外壁のように頻繁に塗り替えを行ったり、ヒビ割れを補修したりする必要はありません。

ただし、外側に埃がたまったり苔が生えることもあるので、全くメンテナンスが不要というわけでは無いので注意が必要です。

当たり前ではありますが、台風などで何かがぶつかれば傷がつくこともあります。

 

乾式タイル工法は、比較的施工が容易なため工期が短くて済むという長所もあります。

工法をざっくりと説明をすると、「下地となるベースサイディングを通気工法で張り巡らせ、その上からタイルを専用の金具で引っ掛けたり接着剤などで貼り付ける」というものです。

接着剤と聞くと一般的なものを想像して不安になる方もいらっしゃるでしょうが、耐久性のある専用のものを使いますし、外側には出ない部分なので劣化もしにくいです。

この工法で作られた外壁は、日光や水にも強く、大きな地震にも耐えられるよう設計されているので心配はいりません。

 

乾式タイルで作られた外壁はお洒落で丈夫、施工も短くて済むと良い所ばかりに見えるでしょうが、もちろんデメリットも存在しています。

何しろ「乾式タイルを使い外壁を作るのは、通常の外壁よりもコストがかかる」のが一般的です。

現在では、昔よりも低価格でタイル外壁の施工を行っているメーカーも増えてはきていますが、それでもやや費用が高くなりがちなのが現状です。

しかし、初期費用はかかっても後々かかるメンテナンス費用は安く済む可能性もあるので、どちらを重視するか十分念入りに計算してから決めると良いでしょう。

外壁は長い年月家を守ってくれる役割を果たす大事なものなので、値段だけでなく長期的な視野を持つことも必要だと言えます。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください