KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

外壁が老朽化したらメンテナンスの時期|札幌市の外壁リフォーム

強い紫外線を浴び続けると、シミやしわと作る原因となってしまいます。

人間の皮膚だけではなく、強い紫外線はさまざまなものに影響します。

プラスチックは劣化して割れやすくなりますし、車のタイヤなどのゴム製品は劣化してひび割れてきます。

紫外線はお肌だけではなく、あらゆるものに影響があるのです。

紫外線の効果は住宅の外壁にも作用します。

保護材やペンキを劣化させて、保護膜のコートを薄くさせたり剥がれさせてしまったりするのです。

ペンキが薄くなると住宅の防水力も下がりますから、住宅の老朽化が進んでしまいます。

水を弾かずに水はけが悪くなることで、カビや黒ずみの原因ともなってしまうのです。

放置しておけばさらに症状は深刻に広がり、外壁を侵食してひび割れを起こし、ひび割れからは内部に水が入り込んでしまうのです。

すると木材が腐り出して、家の土台が台無しになってしまいます。

家の老朽化を防ぐには、定期的なメンテナンスを施すことが対策となります。

個人宅の住宅に使われるペンキなどの塗料は、10年に1回塗り替えることが推奨されていました。

現在は10年よりもスパンが長くなり、一般的な塗料を使うならば12年から15年ほど持つといわれています。

 

塗料にはさまざまな種類があります。

フッ素を配合して汚れに強く水をよく弾き、耐久性の高いフッ素系の塗料があります。

シリコン系のものは水やほこりをよく弾いてくれる塗料になります。

これらの塗料の場合、耐用年数はさらに上がり、15年から20年の間の期間で長持ちするといわれています。

セラミックを配合した塗料もあります。

見栄えが良くて人工の石材のような塗装面になるので人気があるのです。

セラミック配合の塗料は断熱効果なども期待出来ますが、施工の工程が難しいために技術力のある会社に依頼しなくてはならないです。

建物の老朽化は水回りと外壁や屋根を中心にして起こるといわれています。

そのために外壁や屋根のメンテナンスを欠かさないことが重要です。

普段からメンテナンスをお願い出来る工務店や塗装業者を知っていると頼りになります。

時々は自分の目で外壁を確認し、ペンキの色が褪せている場所はないか黒ずんでいる場所はないかなどチェックしておきます。

気になる点を見つけたら馴染みの業者に目視チェックをしてもらい、すぐに外壁塗装が必用かどうか判断してもらいます。

必要と判断されたなら、高圧水流による洗浄と目張りのマスキングをしてから、塗装作業に入ってもらいます。

同時に雨どいやひび割れ屋根の状態も確かめてもらい、必要ならばまとめて依頼する方が一つずつ頼むよりも総額では安くなります。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください