KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

外壁リフォームでもらうる補助金の種類|札幌市の業者が解説

外壁リフォームは外壁を守ることで家を守り、その家に住む人々を守る大切なリフォームです。

自然の猛威により外壁は劣化が生じ、そのままにしておくと雨水が内部に入る、いわゆる雨漏りの原因になりかねません。

仮に、雨漏りにならない場合でも水分は建物内部に入り込んでいるため、湿気による建材の腐食およびカビの発生原因になるなど、建物への悪影響やカビによる健康被害などに繋がる可能性があります。

これを防止するのが外壁リフォーム、10年に1度の割合で施工するのがベストとも言われています。

 

所で、外壁リフォームは高額な費用が必要なもので、経済的な諸問題から先送りにしている人も多いのではないでしょうか。

しかし、このリフォームは一定の条件を満たすことで補助金を使うことができるのです。

札幌市などではエコリフォームの場合には市からの補助金を受け取ることができる仕組みがあります。

外壁リフォームにおけるエコなリフォームとは何を意味するのか、これを把握しておけば札幌市にお住いの人はお得な外壁塗装などを行うこともできるわけです。

 

ちなみに、補助金以外にも助成金と呼ぶものがありますが、この違いはどこにあるのか知っていますか。

助成金は、国もしくは地方公共団体が示す受給要件に満たしている人に対して支給を行うもので、基本的には誰でも受け取れるお金です。

これに対して補助金は、申請を行っても受け取ることができないケースがあるなどの違いがあります。

しかしながら、光触媒塗料を始め、断熱や遮熱効果を期待することができる機能性塗料を使って外壁リフォームを行った場合、補助金を受け取りリフォーム費用の足しにすることが可能です。

 

助成金も補助金もこうした塗料を使えば受け取ることができるのですが、助成金は誰もが受け取れる反面、受給額が少ない、これに対して補助金は受給のための審査を受けなければなりませんが、審査に合格すると支給額が高いなどのメリットもあります。

尚、審査は国が行うもので、ある程度の審査時間が必要になるのが特徴です。

なので、外壁がボロボロになって一刻も早く外壁リフォームを行わなければならない状態になるまで放置するのではなく、余裕を持ち申請を行いましょう。

申請する時のポイントですが、屋根塗装や外壁塗装などのリフォームを完了する前に申請を行うこと、助成金と補助金では条件そのものが異なるので事前に確認をしておくなどが挙げられます。

他にも、住宅の平面図や見取り図などの書類を用意する、国から補助として受けるお金のため税金を滞納している人は受け取ることができないので注意が必要です。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください