KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

凍害対策|失敗しない外壁リフォーム!札幌市リフォーム業者が紹介!

「他にも安いリフォーム会社があった。」「リフォームしたのに住み心地が悪くなった。」
皆さんは、このようなお話を聞いたことがありませんか?
「念願の木造建築にしたのに、床板が乾燥で割れてしまった。」「キッチンをオシャレにしたのに、カビがすぐに生えるようになった。」という方もいらっしゃいます。
時には何千万円もかかるリフォームで、「せっかく改築したのに失敗した。」ということにはなりたくないですよね。
特に、雨や雪、暑さや寒さなど、環境が厳しい地域では外部からの影響も大きくなります。
そこで今回は、寒冷地における失敗しない外壁リフォーム選びについて紹介したいと思います。

 

□寒冷地における被害
寒い地域では、雪や寒さなど環境が厳しく、その分住んでいる住宅の外壁にも、大きな負荷がかかります。
寒冷地における最も多い被害は凍害による外壁の損傷だと言われています。
特に、人口の多い札幌市では毎年、多数の住宅が凍害による被害に悩まされています。
しかし、凍害による被害に気づかず、放っておくと、後々大変なことになってしまいます。

 

□凍害による影響
凍害とは、寒い地域で水を吸い込んだ外壁が、凍ったり溶けたりを繰り返すことで壁がボロボロになってしまうことです。
また、凍害により傷ついた壁を放置しておくと、そこから外気の水分が建物の内部にまで入りこんでしまい、シミやカビ、壁の歪みの原因となってしまいます。
そのため、凍害により傷ついた壁は早急に直す必要があります。

 

□金属サイディングによる防止
凍害による被害をなくすには、金属サイディングによるリフォームが一番効果的です。
金属サイディングとは内側の断熱材を表面の合金板ではさみ込んだハイブリッドな断熱材のことです。
表面は金属のため、水を吸うことはなく、凍害が起きる心配はありません。
また、断熱材により、外部の気温をシャットアウトし、夏は涼しく、冬は暖かい空間が生み出されます。
一応、繰り返し外壁をとり替えるという方法でも防ぐことができますが、リフォームの費用面から見ても、とても効果的とは言えません。
しかし、金属サイディングなら、一度取り替えをすると長期間安心して利用することができます。

 

□まとめ
今回、寒冷地における失敗しない外壁リフォーム選びについて紹介しました。
寒い地域では、対策をしていても凍害により壁が劣化することもあります。
また、凍害は気付かずに放置しておくと、徐々に家を傷つけてしまいます。
近頃、異常気象により豪雨や豪雪が続いてるので、家の状態をあらためて整える良い機会かもしれません。
皆さんも一度、外壁の点検や、リフォームを検討してみてはどうでしょうか。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください