KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市の方ご注目、凍害を避けるためにおすすめの外壁リフォームについて

札幌市のみではなく寒冷地にお住まいの方々のお悩みごとに、住宅の外壁部分の凍害による劣化が挙げられます。
外壁の隙間部分に雨などの水分が染み込んで、凍結と融解を繰り返すことが原因で家の外壁部分にひび割れが生じたり剥がれ落ちたりする症状のことで、劣化部分をそのまま放置しておくと内装部分にまで被害が拡大するので早めの対策が必須と言えます。

 

凍害は寒冷地に住宅をお持ちなら毎年対策を練らなければならないことで、十分な対応をしなければ高額な修繕費用もかかってしまい、被害の進行が進むと外壁部分だけではなく内装部分も含めて家全体が蝕まれる危険性がございます。主な原因とされているのが外壁の経年劣化で、経年と共に外壁の塗装の膜が脆くなり水分を吸収しやすくなることで発生しやすくなります。
対策として効果的な方法として挙げられるのが外壁リフォームで、一番効果的な対策法が新しい外壁材に張り替えてその上から塗装するという方法です。
コストパフォーマンスの面で高額な改修費がかかってしまいますが、外壁材を新しく交換することで、水分の侵入を防ぎそれに伴う腐食から住宅を守るため一番確実で効果的です。耐水性を上げるだけではなく、住宅の外観も美しく一新され凍害によるリスクがかなり減少されます。

 

もっとコストの面で安く抑えたいと考えていらっしゃる方には、外壁塗装の塗り替えがオススメです。
劣化した外壁の上から新しく塗装を塗ることでひび割れを埋め、水分の侵入を防ぐことで住宅の耐久性を向上させます。塗り替えに使用されるシリコン塗料は十年間は効果を持続させるので、コストを抑えて尚且つ効果が長持ちというところが魅力的な方法です。
ですが塗料を上から新しく塗り変えるだけですので根本的な対策とは言い難く、劣化の状態が深刻なら改修費はかかりますが外壁材の張り替え工事の方がオススメです。

 

被害の進行が軽度なら、充填材を使用した補修工事がオススメです。
劣化の症状がまだ初期段階の軽い程度ならひび割れも小さいため、このパテを使用しての部分的な補修工事で事足ります。ですが、充填材は効果が長持ちせず補修した部分も短い年数で劣化してしまうため、応急措置程度の効果しか発揮しません。低コストで修繕が可能ですが、あくまで間に合わせの軽い措置という認識が必要です。

 

このように凍害対策には外壁の定期的なケアや状態の見直しが大切だと言え、住宅を凍害の被害から守る必須対策法でもあります。
被害状況や改修費の予算と照らし合わせながら一番最適な方法を選ぶのが、寒冷地でのお住まいを長持ちさせるための大事なポイントだと言えます。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください