KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市の方ご注目、金属サイディングのメリットとデメリット

サイディングとは何かというと、張るタイプの外壁材の事で、一般的にはセメントで行う事が多いです。金属サイディングの場合、素材にアルミやガルバリウム鋼板等が使用されているのが特徴です。

 

作業方法としては、まず外壁の下地として銅縁を取り付け、その上に金属製のパネルを張って仕上げます。
金属製の外壁材は、工場や倉庫等でよく使われていましたが、近年では戸建て住宅でも使われるようになっています。
では金属サイディングを使用するメリットは何かというと色々ありますので詳しく見ていきましょう。

 

まず既存の塗り壁等の上に重ね張りするいわゆるカバー工法が出来るので便利という点です。
築年数が経過している家の屋根や外壁をリフォームする際、屋根や外壁はかなり傷んでいる事が少なくありません。その場合セメントを原料としたリフォーム方式だと、重みもあるので難しいです。
そこで有効なのがカバー工法です。カバー工法は軽い金属建材を使用するので、築年数が経過した家のリフォームには最適です。

カバー工法は、今ある外壁の上に新しく金属サイディングを重ねるという形なので、外壁は二重構造になり、防音性も上がるだけでなく、防水効果も高まり雨漏りが改善するというのも魅力として挙げられます。
また断熱性が優れているというのも大きなメリットです。金属サイディングは断熱材と一体化しており、これは他の外壁材にはない特徴です。

 

さらに裏側にはアルミシートが貼られているというのも断熱性が優れている理由の1つとして挙げられます。
そして住宅の外壁が継ぎ目のない空気層で覆われているので、断熱効果は非常に高いです。その為特に寒冷地の北海道等では多く利用されています。

 

他にも丈夫で長持ちするというのもメリットです。
塗料が塗り壁等よりも密着するので、塗料や雨水を吸い込んでしまうという心配もいりません。さらに乾燥や収縮の影響も受けにくい為、ひび割れも出来にくいというのも魅力です。
一方デメリットもいくつかあります。まず価格が他の工事と比べると高いという点です。その為中々普及が進まないというのも現状です。
また表現力がまだ乏しいというのもデメリットとして挙げられます。例えば外壁のデザインをレンガ調や木目調にしたいと考えた時に、釜業系サイディングの方がより近く再現する事が出来ます。

 

しかし金属の場合まだまだ再現度で言うと低いです。
それでも最近はプリント技術も進み改善してきているので、今後はより再現度も高くなっていきます。
このように金属サイディングにはメリットとデメリットの両方がありますが、圧倒的にメリットの方が多いので、興味がある人は一度試してみると良いです。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください