KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市の方ご注目、外壁の老朽化を見極め方とメンテナンスの必要性

札幌市にお住まいの方は外壁が傷みやすくて悩んでいる人が少なくありません。
外壁は直射日光による熱を受けていますし、潮風や雨・雪などの影響も受けながら老朽化していきます。
リフォームと言えば水回りリフォームを連想する方が多いですが、家は外側から傷んでくる性質があるのです。

 

完全に傷んでから塗り替えや張り替えをすれば大丈夫と思うかもしれませんが、放置するほど傷みは進行していきます。
リフォームの費用を節約する意味でも、定期メンテナンスをしっかりと行っておいてください。
例えば塗膜の光沢感がなくなり、ザラザラした感触になってきたら注意しましょう。
屋根だと触れて確かめるのが難しいでしょうが、外壁はいつでも触れることができます。
特に直射日光をよく受ける面については、傷みが激しくなっているはずです。

 

形あるものは必ず経年によって劣化するもので、何もせずに現状を維持することは不可能です。
壁面から粉が発生するチョーキング現象が起こったら、早めに塗装をする必要があるでしょう。
塗装は外観の見栄えをよくするだけでなく、建物を保護するという大きな目的があります。
適切なタイミングでメンテナンスをしなければ、ひび割れを招いてしまうことがあります。
そうなれば雨水が室内に侵入してきますので、室内の湿気が増えてカビの発生率を高めてしまうのです。

 

塗装した直後はツルツルとした光沢感があり、新築に生まれ変わったように感じることでしょう。
しかし長年の経年劣化による老朽化で、壁にくすみが発生するようになります。
ツヤがなくなると汚れが付着しやすくなり、苔や藻が付着するケースもあります。
この状態ではまだ外壁機能が生きていますが、そろそろ塗装を考えるべき時期でしょう。
チョーキングが発生する状況ですと、塗膜が本来の機能を発揮できません。

 

すでに塗膜が剥がれている状態にあるなら、早急に塗装をしてください。
放置しておくとひび割れにつながり、張り替え作業が必要になってきます。
メンテナンスは初期投資であり、長い目で見ると節約効果を期待できるのです。
この初期投資をケチってしまうと、あとから大きな出費が待っているわけです。

 

メンテナンスをせずに建物が壊れるまで住み続けるという人がいますが、これは費用対効果を考えてもマイナスになります。
老朽化にあわせて適切なリフォームをしたほうが、結果的に出費を抑えつつ長く住める状態を作り出せるのです。
前回の外壁塗装から10年程度経過しているなら、塗装会社に診断してもらうのが得策でしょう。
塗装の時期は遅すぎてはいけませんが、早すぎても塗装のノリが悪くなるので好ましくないです。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください