KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市の方ご注目、玄関フードの効果と値段の相場

玄関フードは北海道や青森や新潟など、日本の雪深い地域の一般家庭で幅広く使われている住宅設備です。
通常の玄関の前に温室やサンルームなどのような設備を設置するのが特徴であり、いわゆる二重窓のような効果を期待することができます。
通常の玄関ではドアを開けると外の冷たい空気が流れ込むため、室内の温度が急激に低下することになります。
そのような場合には玄関の前にフードを設置することで、室内と外気を遮断して暖房の効果を高めることができるのです。

 

また雪深い地域では低温や積雪により、玄関ドアが凍ったり雪で覆われたりして、開かなくなってしまうことがあります。
玄関の前にフードを設置すれば玄関が冷気にさらされることがなくなり、凍結を防ぐことができるのです。
玄関フードには横に動かす引き戸が使われることが多いため、雪で覆われてしまった場合でも開きやすくなります。

 

さらに雪かきなどの除雪道具を置いておくためのスペースとしても役立ちます。
雪かきを野外に置いておくと大雪の際に埋もれてしまうことがありますし、離れた場所にある物置などにしまってあると取り出すまでが大変です。
フードの中に雪かきを置いておけばすぐに必要な道具を取り出して、除雪作業をスピーディーに始めることができます。
その他には灯油などが入ったポリタンクを置いたり、園芸やペットのために活用したり、漬物を漬けたりするご家庭もあるようです。

 

玄関フードには様々なタイプがありますが、近年ではガラスとアルミサッシで構成されるフードの人気が高くなっています。
玄関の構造や位置に合わせた様々なタイプがあり、奥まった場所にある玄関の前を一面で覆うI型、建物の角の奥まった場所にある玄関を二面で覆うL型、壁面とフラットな場所にある玄関の前に取り付ける外付けI型、外付けI型では対応が難しい玄関に設置する三面で覆うC型(コの字型・U型)などがあります。

 

値段の相場についてはタイプにより様々です。
ホームセンターなどで必要な材料を購入して簡易的なフードを自分で作成すればそれほど費用はかかりませんが、メーカー製の玄関フードの施工を工務店に依頼した場合には値段の相場は数十万円程度になります。
構造がシンプルなI型の場合には十万円程度からの施工が可能ですが、三方向の壁面と大きな屋根を設置するC型の場合には三十万円から四十万円程度の費用を見込むことが必要になります。

 

住宅の新築やリフォームの際には、フードの設置を前提として玄関を設計するのがおすすめです。
住宅とフードが一体化した美しい住宅のデザインが可能になりますし、バリアフリーなど使いやすさにも配慮することができます。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください