KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市の方ご注目、外構工事とは?費用を抑える方法も

外構工事とは、建物の外回り全般の工事を指します。
内装工事をインテリア工事と呼ぶのに対し、外構工事はエクステリア工事とも呼ばれます。
一口に外構工事といっても、塀や柵をはじめ門やアプローチさらに土間や車庫に至るまで、幅広く多岐にわたります。

 

このため工事の箇所によって、その方法や規模あるいは日数や費用なども、それぞれ大きく異なることになります。
特に雪の多い札幌市であれば、建物の外構に何らかのトラブルを抱える家庭も多いはず。
また普段からこまめにメンテナンスすることで、建物そのものを長持ちさせることもできます。
外構工事の頻度が多くなれば、それだけ日数や費用もかかるようになります。

 

さらにメンテナンス以外でも、小さい子どもがいるので庭に安全な柵を設置したい、高齢者と暮らすために玄関周りをバリアフリー化したいなど、様々なケースが考えられます。
このようにライフスタイルやライフステージによっても、外構工事のニーズは高いと言えます。

 

工事をするにあたって最も気になるのが、やはり費用ではないでしょうか。
例えば雪の多い札幌市は、門柱や門扉がサビなどによって腐食が進みやすいエリア。
それらを丸ごと交換すると、工事には最低でも15万円はかかります。
これに門灯やポスト、さらにインターフォン等を設置すれば、30万円以上は見積もる必要があります。

 

また道路や隣地と接しているフェンスも、工事の頻度が高い箇所です。建物を完全に隠さない柵タイプでは、20万から30万円がひとつの相場。
下部だけをコンクリートや植栽にするのであれば40万から60万円に、さらに完全に建物を隠すフェンスなら一気に100万円以上に上昇します。

 

このように工事の規模が大きくなるにつれて、コストもかかることを知っておくべきでしょう。
もちろん工事に高度な技術が求められたり、外部環境との調整が必要な場合には、さらに費用がかさむことになります。

だからといって諦めてはいけません。
工事の費用を抑える方法はいくらでもあるからです。
例えばデザインをできるだけシンプルにするだけでも、コストを安く抑えることが可能です。

また、日頃からDIYが得意な方であれば、自分の可能な範囲で工事をすることで、余計なコストをかけずに済みます。
その際には他の箇所でも使える素材を一括仕入れすれば、さらにリーズナブルに工事を行うことができます。
先程の門柱や門扉であれば、門灯やポストを自分で購入して設置し、できるだけコストを抑えます。
フェンスの場合には、必要な箇所だけピンポイントで工事をしたり、デザインのシンプルなタイプを選ぶことで、コストカットが可能になります。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください