KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌の業者が解説|金属サイディングのメリットとデメリットは?

「北海道で外壁リフォームをしたいけど、どんな外壁材にしようか迷ってしまう。」
「金属サイディングについて詳しく知りたい!」
外壁材は、主に「モルタル」「サイディング」「タイル」の3種類があるので、どれにしようか迷ってしまいますよね。
外壁リフォームでは、サイディングの一つである窯業系サイディングが人気です。
しかし、北海道の場合ですと、寒さが本州よりも厳しいため、金属サイディングの方をおすすめします。
そこで今回は、金属サイディングのメリット・デメリットについてご紹介します。

 

□金属サイディングのメリット

そもそも、金属サイディングとは、表面にメッキ塗装された金属板と、断熱材が一緒になった外壁材です。
金属であるにも関わらず、軽量なので、住宅への負担は少ないです。
それでは、金属サイディングのメリットをご説明します。

 

*凍害対策ができる
北海道などの寒冷地に在住する方は、凍害のお悩みをお持ちであることが多いのではないでしょうか。
凍害は、住宅内部の水分が凍結と膨張を繰り返すことで、外壁のひび割れや塗装の剥離を引き起こす現象です。
凍害は、窯業系サイディングやコンクリート系の外壁材の場合、起こりやすいですが、金属サイディングでは凍害を防ぐことができます。
金属サイディングは、金属の性質上、吸水性が少なく、内部への水分の侵入を防いでくれるからです。
そのため、金属サイディングは、凍害対策に適切な外壁材だと言えます。

 

*断熱性が高い
断熱性が高いので、冬の間、部屋の暖かい温度を保つことができます。
窯業系サイディングですと、通気性に優れていますが、部屋の温度を外に逃がしてしまいやすいです。
一方で、金属サイディングは外の温度に影響されにくいため、快適に過ごすことができます。

 

□金属サイディングのデメリット

 

*さびの発生
酸性雨や、降水量の多い地域では、水分によって金属がさびてしまう可能性があります。
金属がさびてしまうと、金属サイディングの効力が低くなってしまいます。
そのため、定期的なメンテナンスが必要です。

 

□まとめ

今回は、金属サイディングのメリット・デメリットについてご紹介しました。
金属サイディングは、さびやすいというデメリットがありますが、メンテナンスを行うことで、効力を持続できます。
ぜひ、金属サイディングを使用した外壁リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。
当社では、専属の職人が施工するので、低価格で高品質な工事を実現できます。
スケジュール管理や打合せもスムーズに行うことができるのが大きな強みです。
札幌市在住で外構工事にご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください