KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌にお住まいで凍害にお悩みの方へ!外壁リフォームを紹介!

札幌市にお住まいの方で、凍害にお悩みの方はたくさんいらっしゃるでしょう。
「凍害に悩んでいるけど、どのような対策を取ればいいのかわからない…」と思っていらっしゃる方も多いと思います。
今回はそんな凍害に対する対策として、外壁リフォームについて紹介します。

 

□そもそもなぜ凍害は起こるのか

寒い地域で悩みの種となる凍害ですが、これは、外壁などのコンクリートの水分が外気の寒暖差により、溶けたり固まったりを繰り返すことによって、膨張して、コンクリートにひびが入ったり、外壁の表面が剥がれたりします。
実は外壁などには、最初は塗料が塗られていて、これが水分の吸収を抑えてくれたり、日差しによる劣化を抑えてくれているのですが、当然年数が経つにつれて、塗料の効果は薄れていき、凍害が発生しやすい状況に陥ってしまうのです。
時が経てば経つほど凍害が発生しやすくなるので、経年劣化による凍害は避けられない問題であると言えるでしょう。

 

□凍害から家を守るためには

凍害が発生するメカニズムを踏まえると、凍害は外壁材によって起こりやすさが変わってくると言えるでしょう。
凍害への対策として、オススメしたいのが、外壁リフォームです。
外壁リフォームが一番手っ取り早く、一番効果が表れやすい対策であると言えるでしょう。
住宅の外壁材で多く使われているものとして、窯業系サイディングが挙げられますが、凍害に対して強い外壁材として、金属サイディングを用いたリフォームをオススメします。
金属サイディングとは、その名の通り外壁に、金属素材を使用していて、断熱材が裏面に入れ込まれたものを指します。
メリットとしては、窯業系サイディングと比べても重量が軽量で、地震に対する強度も優秀です。
またうれしい点が、素材によって変動はありますが、費用が抑えられるという点です。
なぜ、凍害に対して、金属サイディングを用いた外壁リフォームがオススメなのか、それは、当然ながら、壁面が金属であるので、凍害の一番の要因となる、壁面が水分を含むリスクを軽減してくれるからです。
また、外壁リフォームとなると、今現在の外壁の上から、違う外壁を重ねる、重ね張りリフォームが基本となるので、質量が軽い金属サイディングを使用することで、家が重たくなるのを防いでくれます。
凍害対策という観点からみると金属サイディングを使用した外壁リフォームはかなり優秀であると言えるでしょう。

 

□まとめ

今回は凍害に対する対策法として金属サイディングを用いた外壁リフォームを紹介しました。
金属サイディングは凍害に強い外壁材ですので、凍害にお悩みの方は是非検討してみることをオススメします。

 


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください