KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市で外壁リフォームをお考えの方へ!乾式タイルとはどんなもの?

札幌市で外壁リフォームをお考えの方で乾式タイルについてあまり知らない方は多いのではないでしょうか?
今回は札幌の業者が乾式タイルとはどのような特徴があるのか解説していきます!

 

□乾式タイルとは

タイルには、湿式のものと乾式のものがあります。
マンションの外壁などに多く使われているのが湿式で、モルタルを用いて貼り付けられます。
モルタルとは、セメントを水と砂で練ったものです。
一方乾式は、引っかけたり、接着剤などを用いて貼り付けられます。
乾式と呼ばれているのは、接着の際に水を用いないためです。
施工の際は、ベースサイディングを張ったのちに、タイルを貼っていくという流れになります。
ひと昔前は、接着剤等の質があまり良くなく、タイルがしっかりと貼り付かなかったりしたため、湿式タイルが多用されていましたが、最近では、建築技術等の良化により、性能が良くなり、耐震性の問題もクリアしているので安心して使用できます。

 

□乾式タイルのメリットとデメリット

*メリット

乾式タイルにするメリットとして挙げられるのは、デザイン性が高いことです。
タイルはサイディングに比べて立体感があるため、高級感を醸し出せたり、重厚感を感じられます。
また、傷がつきにくいということもメリットとして挙げられるでしょう。
次に耐久性が高いことが長所であると言えます。
タイルの吸水率はなんと約1パーセントなので、劣化の原因となる水分の吸収を防げるので、極端に寒い地域で、外壁が水分を含んで気温差により膨張することで、劣化してしまう凍害を防ぐことにも繋がるのです。
また、災害などでタイルが剥がれても、剥がれた部分だけを補修すれば良いので、修復性が高いと言えます。
他には、メンテナンスをあまりする必要がないこともメリットとして挙げられます。
定期的に塗装処理などが必要なサイディングなどと比べて手間がかかりません。

 

*デメリット
次に乾式タイルにする際のデメリットについて紹介します。
まず第一に初期費用が高くつくことが挙げられます。
タイル一枚一枚の費用の分がかさんでしまうようです。
他には、タイルの剥離に気をつけなければならないことが挙げられます。
質の悪い施工であった場合、経年劣化によって、タイルが剥離したり、タイルが浮き出てきてしまったりします。
しかし、質の良い施工であれば、こういった事態はほぼ防げるようなので、委託業者についてしっかりと下調べをしてから注文をする必要があるでしょう。

 

□まとめ

今回は乾式タイルの特徴について解説しました。
乾式タイルは魅力的な点が多いですが、予算などの問題もあるので、しっかり吟味して乾式タイルにするかどうか決めると良いでしょう。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください