KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

外壁の老朽化の見極め方とは?札幌市の業者がメンテナンスの必要性を解説します!

住宅を建ててから10年が経ち、外壁塗装をするべきか迷っている方はいらっしゃいませんか。
外壁塗装が必要な時期が分からないという方は多いのではないでしょうか。
外壁塗装が必要になった時は、外壁がサインを出してくれます。
今回の記事では、外壁の老朽化を見極めるポイントとメンテナンスの必要性について解説します。

 

□外壁の老朽化を見極めるポイント

外壁の老朽化を見極めるポイントを、3つ解説します。
以下のサインが出た場合は、外壁塗装を行った方が良いでしょう。

 

*外壁の色あせ

外壁塗膜に劣化が見られない場合でも、外壁が住宅を建てた時より色あせをしている場合は、外壁塗装を検討しましょう。
外壁の色あせは、塗膜の劣化が始まっている証拠です。
急いで塗り替える必要はありません。
しかし、塗り替えの目安の1つとして考えましょう。

 

*チョーキング

チョーキングとは、雨や風、紫外線、直射日光が原因で塗膜が劣化し、塗料の粉化が起こり、塗膜の性質が失われている状況です。
チョーキングを放置しておくと、ひび割れやカビの発生につながるので、早めに外壁塗装をしましょう。

 

*ひび割れ

ひび割れている場合も、塗り替えのサインです。
放置しておくと、雨水が内部に入り込み、建物自体を腐らせてしまいます。
ひび割れには、3種類あり、軽度のものから重度のものまであります。
早めにメンテナンスを行わなければ、家全体のリフォームが必要になる場合もあるでしょう。

 

□メンテナンスの必要な理由とは

メンテナンスが必要な理由は、外壁を保護することです。
外壁塗装をすることで、壁の防水力が上がり、雨が壁内に入らなくなります。
塗装をせずに放置すると雨が壁内に入り込み、金属が錆びたり木材が腐ったりするので、家の耐久性が落ちるでしょう。
住宅が劣化してしまうと、塗装とは別の修復工事だけでなく、大掛かりなリフォームにまで発展するかもしれません。
しかし、事前にメンテナンスをすることで、別途工事の費用は避けられ、外壁塗装の費用のみで抑えられます。
計画的なメンテナンスを行うことで、住宅の寿命を最大限に高められます。
そのため、定期的なメンテナンスを心がけましょう。

 

□まとめ

今回の記事では、外壁の老朽化を見極めるポイントとメンテナンスの必要性について解説しました。
この記事を参考に、外壁が老朽化していないか見極めてみてください。
また、住宅の寿命を最大限に高めるためにも、定期的なメンテナンスを心がけましょう。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください