KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

外装の老朽化の見極め方とメンテナンスの適切な時期を札幌市の業者が解説します!

ついつい後回しにしがちな外装のメンテナンスですが、老朽化を放置してしまうと建物自体にも悪影響がでてしまいます。
そこで今回は、外装の老朽化の見分け方とメンテナンスの必要性を札幌市の業者が解説していきます!

 

 

□外装の老朽化の見分け方

 

 

外装が老朽化していることを判断する材料としていくつかの要素を紹介します。

 

 

*凍害による外装の損傷

 

 

凍害によって生じる被害の代表例として、ひび割れ、スケーリング、ポップアウト現象の 3
つが挙げられます。
スケーリングとはセメントのペーストが剥がれ落ちる現象であり、ポップアウト現象とはコンクリートの表面が薄い皿状になって剥がれ落ちる現象です。
凍害の防ぎ方として、塗料の塗り替えとコンクリート以外の原料で外壁を覆うという2つの方法があります。
後者の場合、外壁をリフォームすることになるので費用はかかりますが、断熱性の向上などが見込めるでしょう。

 

 

*チョーキング現象

 

 

チョーキング現象とは、壁に手を触れると白い粉状のものが付着する現象のことです。
外壁の塗装面におこる劣化現象の中でも、比較的早期におこる現象です。
チョーキング現象になったからすぐに塗装をし直す必要はありませんが、放置すると早期剥がれの原因となるでしょう。
高圧洗浄機で表面の汚れや白い粉を洗い流した上で塗装をすることによって解決します。

 

 

*外装の色が変化する

 

 

長期間紫外線に当たりやすい部分が劣化して編祝する色あせと、雨に含まれる汚れが乾燥してできる雨だれ跡の2種類が存在します。
どちらの場合も塗装をすることによって解決できます。
色あせの場合は色あせしても分かりにくい色の塗料を、雨だれ跡の場合には親水機能を持つ塗料を塗ることで解決します。

 

 

□メンテナンスの必要性とは

 

 

前章で述べた現象以外にも数多くの老朽化のサインがあります。
このようなサインを見逃してしまうと、建物の内部構造に被害が及び、リフォームするには多額の費用がかかってしまうでしょう。
さらに建物の内部構造が脆弱になると、地震や台風などの自然災害によって倒壊するリスクが上がってしまいます。
自分自身だけではなく、身の回りの大切な人を守るためにもメンテナンスは必ず定期的におこなうようにしましょう。

 

 

□まとめ

 

 

今回は外装の老朽化の見分け方とメンテナンスの必要性を解説しました。
外装の定期的なメンテナンスは、安全な暮らしを送るためには必要です。
この記事を読んで心配になった方がいれば、すぐにメンテランスの依頼をすることをおすすめします。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください