KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市在住の方必見|凍害に強い外壁リフォームとは、どのようなものか?

「毎年の凍害によるダメージに苦しんでいる。」
「もっと凍害に強い家へのリフォームはできないのかな?」
このようなお悩みをお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
寒い地域、特に北海道では、冬になると外壁にヒビが入ることや表面が剥がれ落ちることがあります。
これらは、凍害という現象により発生するものです。
寒い地域に住む方は、凍害に耐えられる家が必要です。
そこで今回は、凍害に強い外壁のリフォームについてお話しします。

 

 

□凍害に強い外壁のリフォーム

 

凍害に強い外壁は、金属サイディングが採用されている外壁です。
金属サイディングは、防水性が高いため、凍害に強いことで有名です。
水を弾き、外壁材が水を吸収することを防ぎます。
特に、寒い地域にお住いの方に多く使用されています。
また、この金属サイディングは、地震やひび割れに強いことや断熱性、防音性に優れていることがメリットとして、挙げられます。
つまり、日本の寒い地域にお住いの方には、おすすめの外壁です。
金属サイディングのリフォームは、一般的な外壁リフォームと工事する際に違いがあります。
そのため、専門業者が少ないというデメリットがあります。
しっかりとリフォーム経験がある業者に、金属サイディングのリフォームを頼むようにしましょう。

 

 

□凍害が起こる原因

 

凍害が起こる原因は、外壁が時が経つにつれて劣化していることが1番に挙げられます。
一般的にサイディングやコンクリートにはセメントが使われています。
セメントは、湿気や水分を吸収しやすい素材です。
そのため、水分を全て吸収しないように、家を建てる際は塗料が塗られています。
つまり、雨や紫外線、風によって塗料が剥がれ、外壁が水を吸収しやすい状態になります。
ヒビが入った場合、冬場に水を吸収したコンクリートが凍ることによって、凍害が発生します。
そのため、劣化が進行することによって、凍害のダメージも大きくなります。

 

 

□凍害が進行した先

 

凍害が進行した場合、見た目が悪くなるだけでは済みません。
ヒビが入ったところから水が建物内に侵入します。
また、建物内部が劣化してしまうと、大規模な工事が必要になります。
その場合、高額な改修費用がかかります。
大規模の工事が必要にならないように、定期的なメンテナンスを行いましょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、凍害に強い外壁リフォームについてお話ししました。
凍害によるダメージを最低限にできれば、何度も修復作業を行う必要がありません。
また、安心した家に住め、毎日が変わります。
ぜひ、気になった方は1度考えてみましょう。
これからリフォームを考えている方は、凍害に強い外壁リフォームを選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか?


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください