KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌の業者が解説|金属サイディングのメリットとデメリットは?

「家の外壁を触ると手が白くなる。」
「ところどころにサビが出てきている。」

自宅にこのような症状が出ていて、リフォームをしようかお悩みの方はいませんか?
当記事では、リフォームの専門家が金属サイディングという外壁材のメリットとデメリットをご紹介します。

 

□金属サイディングとは

 

サイディングとは張り付けるタイプの外壁材であり、その中でも金属サイディングは張り付ける金属の外壁材です。
一般的に、アルミニウムと亜鉛の合金メッキ鋼板であるガルバリウム鋼材が材料として使われており、裏側には断熱材が付いています。

 

□金属サイディングのメリット

 

*耐久性が非常に高い

 

寒冷地では外壁材が吸収した水分が凍結して溶けることを繰り返し、外壁材が劣化する凍害が起こります。
そのため、窯業系サイディングの外壁やコンクリートの外壁はひび割れたり剥がれ落ちたりしてしまいます。
しかし、金属サイディングは水分を吸収しないため凍害が起こらないことが特徴です。

 

*メンテナンス性が高い

 

ガルバリウム鋼材は、アルミニウムの耐食性と亜鉛の防食作用を併せ持つため、雨や雪による腐食に非常に強い外壁材です。
そのため、凍害以外の経年劣化に対しても強い耐久性を持ち、結果的に他の外壁材よりメンテナンスの手間を減らせます。

 

*断熱性が非常に高い

 

この外壁材は断熱材と一体化しています。
そのため、家の周りに空気層を作れるのです。
そして、この室外断熱は室内断熱よりも高い断熱効果があることが証明されています。

 

□金属サイディングのデメリット

 

*費用が高い

 

金属サイディングは性能がいい分費用は高く、塗装工事のみの場合と比べると3倍ほど掛かってしまいます。
しかし、価格以上に評価が高く金属サイディングでの施工を望むお客様も増えてきています。

 

*デザインに制限がある

 

材料が金属であるため、レンガや木のような模様や質感を出すのが窯業系サイディングより難しいのが現状です。
しかし、プリント技術が年々進化しているためかなりリアルな塗装がなされた住宅も増えています。
逆に、金属の質感を出したい方にとってはうってつけの外壁材とも言えるでしょう。

 

□まとめ

 

今回は外壁材である金属サイディングについてご紹介しました。
金属サイディングのメリット・デメリットをおわかりいただけたでしょうか。
当社では、札幌や江別市、石狩市や北広島市、恵庭市、小樽市などにお住いの方のリフォームについて、ご相談を随時受け付けています。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください!


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください