KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

家の外壁の老朽化に気付いていますか?メンテナンス方法を札幌市の業者が解説!

誰しも自分の家は長い間、丈夫で綺麗な状態に保ちたいですよね。
そのためには建物と切っても切れない関係である老朽化に気付き、メンテナンスを行う必要があります。
しかし、時間の経過と共に現れる老朽化のサインは、意識して建物を見なければ気付けません。

「私の家、そろそろ修理時かな?」
「家の老朽化の判断基準が分からない。」

今回はこのような問題を解決するため、建物で一番老朽化が進みやすい外壁における老朽化の見分け方と、メンテナンスの必要性についてご説明します。

 

□そもそもメンテナンスが必要な理由とは?

 

*耐久性を保つため

 

家は一度建てたら終わりではなく、整備や修理が必要不可欠です。
特に外壁は一番ダメージを受ける場所であり、消耗品と言っても過言ではありません。
外壁が老朽化すると雨が内部に侵入しやすくなり、さらなる腐食や内部の老朽化を生む原因になります。
この状態を放置しておくと、外壁や下地のヒビ、雨漏りの発生につながります。
そのため、老朽化した外壁のメンテナンスは、家自体の耐久性を十分に保つためにも非常に重要です。

 

*外観を保つため

 

外壁の剥がれやヒビは外観を著しく悪くします。
恐らく、ボロボロの家に好んで住みたい方はいないと思います。
見た目でわかるほど老朽化が進んでいる場合はメンテナンスした方が良いでしょう。

 

□外壁老朽化の見極めポイント

 

*外壁材がヒビ割れている、または崩落している場合

 

この状態まで達すると、素人の方が見ても気付けると思います。
雨漏りや内部までの腐食が起こる可能性が高いため、業者にメンテナンスを依頼する必要があります。
小さいヒビの段階であれば応急処置も可能なため、定期的な外壁の点検をおすすめします。

 

*塗装が白くなっている、剥がれている場合

 

壁が白くなる現象はチョーキング現象と呼ばれ、塗装した外壁に起こります。
白くなっている場合、剥がれている場合はどちらもメンテナンスの時期です。

 

*全体的に劣化がひどい場合

 

外壁材全体を張り替えることを考えてもいいかもしれません。
金属サイディングは他の外壁材に比べ耐久性が高いため、結果的にメンテナンスの頻度が少なく済みます。

 

□まとめ

 

今回は外壁の老朽化を見分ける方法と、メンテナンスの必要性について解説しました。
老朽化がさらなる老朽化を生み、結果的に修理コストが膨らむ場合もあるため、早めに業者に点検を依頼することおすすめします。
当社では、老朽化やメンテナンスについてのご相談を随時受け付けています。
札幌市に本社を置くリフォームの専門家がお客様のサポートをいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください