KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市の住宅には必須?|断熱サッシの構造と相場をリフォーム業者が解説します!

家の断熱効果を上げたい時、皆さんはどこを改善しようと考えますか?
実は冬の暖房熱の50%以上が、ある場所から室外に流出していると言われています。
その場所とは、窓です。
熱の1番の流出元である窓の高断熱化を図ることにより、室外に熱を逃がさず暖かい部屋を作れます。
また、暖房の無駄を減らし電気代を抑えることで省エネを図れるでしょう。
今回は、断熱効果に優れた断熱サッシの構造と、リフォームの際にかかる費用の相場をご紹介します。

 

□断熱サッシの構造

 

*窓枠部分に断熱性能の高い樹脂を使用

 

樹脂はアルミと比べ、1000分の1という非常に低い熱伝導率を誇ります。
断熱が必要不可欠な寒冷地では、樹脂製のサッシが普及しています。
断熱性能ではアルミに勝る樹脂ですが、耐久力ではアルミに及びません。
そのため、北海道のような絶対に断熱が必要な寒冷地でのシェアが、他の地域に比べて圧倒的に多いです。

 

*複層ガラスを使用

 

太陽光によるエネルギーは透過させ、室内の熱は逃さない特殊な構造のガラスを使用しています。
そのため、昼は太陽を取り込み、夜は室内の熱を逃がさないことで、部屋を暖かく保つ効果があります。

当社では、樹脂製サッシと複層ガラスを組み合わせることにより、従来のアルミ製のサッシの窓と比べて非常に高い断熱性を持った窓を提供しています。

 

□断熱サッシの価格相場は?

 

窓をリフォームする際には大きく分けて2種類の方法があり、どちらの方法で施工するかによって金額の相場が大きく変わります。

 

*窓を丸ごと変える方法

 

窓全体を丸ごと新しい窓と付け替える方法です。
窓周りの壁の工事が必要なこともあり、価格が高くなりやすいです。
この場合、およそ25万円から60万円の価格が多いです。

 

*二重窓にする方法

 

今ある窓は外さずに、内窓として取り付ける方法です。
既存の窓を撤去する費用がかからないため、全体を取り替える場合に比べ安く済みます。
全体で8万円から15万円程度の価格が多いです。

 

□まとめ

 

今回は断熱サッシの構造と価格相場についてご紹介しました。
樹脂製サッシと複層ガラスが生み出す断熱性の高さと、リフォームする際の相場を知っていただけたでしょうか。
種類によって金額と施工方法が大きく異なるため、業者と相談しながらお客様の希望に適したリフォームを選択しましょう。
当社では、断熱サッシの取り付けについてのご相談を随時受け付けています。
リフォームの専門家がお客様に最適なプランをご提案いたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください