KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市在住の方へ!リフォームの失敗例について解説します!

住宅のリフォームをお考えの方も多いと思います。
住宅のリフォームにはまとまったお金が必要なため、何としても失敗は避けたいところですよね。
そこで本記事では、住宅のリフォームに関する失敗例や未然に防ぐ対応策について解説していきます。

 

□住宅のデザインに関する失敗例は?

*色選びを間違えてしまった

デザインをシミュレーションしている段階では、鮮やかなカラーコーディネイトに感じても、いざ実際の設備の色を目の当たりにして後悔するケースは少なくありません。
また、幼い子供に合わせてポップな部屋の模様にした結果、成長した子供が「子供っぽすぎる!」と言い出すパターンも多々あります。

これらの失敗を未然に防ぐためにも、過度に派手な色やデザインを安易に選択しないことをおすすめします。
また、色は大きさによっても見え方が異なるため、大きな色見本を準備してもらうと良いでしょう。

 

□機能面に関する失敗例は?

*四季の変化による影響を考慮していない

開放的な空間を作りたくてトップライトや吹き抜けなどの中心としたデザインする場合があります。
しかし、夏場は快適であるが冬場は冷えやすいことに後悔するかもしれません。
対応策として、窓に断熱サッシと二重窓を採用する、床暖房を取り付けておくことが効果的でしょう。
どんなリフォームにおいても、様々な状況の生活をシミュレーションしておくことを心がけてください。

 

*とにかく住宅の設備が使いづらい

機能面の失敗例は規模の大小様々で、1つ1つ例を挙げればキリがありません。
しかし、そういった失敗に多く共通しているのは「家事の動線が定まっていないまま設計してしまった」ということです。
住宅のリフォームをする際は、とにかく動線の想定をしっかり行うことをおすすめします。

 

*ドアの位置が適切でない

住宅内における事故の要因として、皆さんがよく考えられるのは段差や階段などではないでしょうか。
しかし、よく見落としがちなのは「ドア」という存在です。
階段の昇降中や曲がり角を曲がった直後に、外開きのドアがある場合を想定してみてください。
突然ドアが開いた場合ぶつかってしまう恐れがありますよね。

このような事故を防ぐためにも、事前の生活における動線の想定は徹底しておくことが重要です。

 

□まとめ

今回はリフォームにおいての失敗例や解決策に関して解説しました。
住宅というのはご自身やご家族の人生に長く寄り添ってくれる大事な存在です。
後悔のないよう、しっかりとお考えになってリフォームに臨んでくださいね。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください