KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市の方必見!外壁の老朽化の見極め方とは?メンテナンスの意義は?

住宅に長年住んでいて、外壁の老朽化が気になる方は多いのではないでしょうか。
また、寒冷地にお住まいの方でしたら凍害にも気を配る必要があります。
本記事では、外壁の老朽化の見極め方やメンテナンスを行う意義について解説していきます。

 

□外壁のリフォームやメンテナンスを行う意義とは?

外壁は、住宅の外観において非常に重大なポジションを担っています。
外壁にひびや亀裂が入るなどして防水性が損なわれた場合、その破損した部分から水が侵入してしまうでしょう。
浸水の程度にもよりますが、放置しておいた場合は、柱や梁などの住宅の基礎の部分にまで腐食作用が及ぶケースがあります。
住宅の支えになる部分にまで浸食が及んだ場合、修繕にかかる費用や規模は外壁のみの場合とは比べ物にならないほど大きいでしょう。

 

□寒冷地の外壁の老朽化の見極め方

*コケやカビなどが発生したら要注意

寒冷地における外壁は、金属サイディングが主流の素材であることをご存じでしょうか。
金属サイディングは、一般の住宅に用いられているモルタル外壁などよりもコケやカビなどが発生しにくいことで知られています。
しかし、条件が整えばコケが発生することもあり、そこで発生したコケやカビは金属が錆びる原因となります。
コケやカビなどが発生した場合、老朽化が進んで塗装がはがれているサインと考えればよいでしょう。

 

*ジョイント部分などのコーキング加工の劣化

一般的に外壁に用いられているモルタルや窯業サイディングと、比べて少し判断しづらいかも知れません。
しかし、金属同士のジョイント部分や、サッシのかみ合わせの部分に必ずコーキングがなされています。
このコーキングが劣化すると、露出した隙間から雨水や汚れが侵入してくる可能性があります。
そのため、劣化に気づいたらメンテナンスをお考えになった方が良いでしょう。

*外壁に触れた際に手に白い粉がつく

皆さんは建物の外壁やガードレールなどに触れた際、手に白い粉が付着した経験はありませんか。
その白い粉の正体は、外壁に使用されている塗膜から剥離した顔料なのです。

外壁の塗膜は長時間日光にさらされていると、紫外線の影響で分解される性質があります。
モルタル外壁や窯業サイディングのみの特性と思われがちですが、この点においては金属サイディングも同じです。
メンテナンスの時期に差し掛かっていると考えて間違いありません。

 

□まとめ

今回は寒冷地で外壁に用いられている、金属サイディングの老朽化を見極めるポイントやメンテナンスの必要性について解説しました。
今回の記事が、寒冷地にお住まいで住宅のリフォームについて悩んでおられる方の参考になれば幸いです。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください