KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市在住の方必見!凍害に強い外壁リフォーム方法とは?

                            皆さん凍害にお悩みではないではないですか。
札幌市をはじめとした北海道の多くの都市では、半年以上雪が降りますよね。
毎年の雪や雨で外壁が老朽化して、外壁が剥がれ落ちたり、ヒビが入ったりします。
これは凍害によるものです。
今回は凍害に強い外壁リフォーム方法をご紹介します。

 

□凍害の原因

 

凍害の原因は外壁の劣化です。
外壁材にはセメントが原料として使われることが多いです。
しかし、セメントには水分を吸収しやすい性質があります。
外壁材だけでは水分を吸収しやいということですよね。
そのため、新築時には外壁材に水分の吸収を抑える塗料が塗られています。
しかし経年によって塗料の膜がなくなると、外壁材は水分を吸収しやすくなります。
外壁が劣化した箇所には水が入り込みます。
気温が下がると水は凍結しますよね。
凍結・融解によって、外壁材は膨張や収縮を繰り返します。
そして凍害が発生するのです。
凍害を放置し続けると、外壁材が剥離して建築材にまで影響を及ぼすでしょう。
寒い地域に凍害対策は必須だということがお分かり頂けたと思います。

 

□凍害に強い外壁リフォーム方法とは

 

凍害に強い外壁リフォームとはサイディングを使ったリフォームのことです。
サイディングとは何でしょうか。
サイディングとは外壁に張るパネル型の素材のことです。
サイディングには金属サイディングや窯業サイディングといった様々なデザインや材料のものがあります。
これまではデザインの良さから、窯業サイディングが最も大きなシェアを占めていました。
しかし窯業サイディングは凍害に弱く、近年では、メリットが多い金属サイディングのシェアが上昇しています。
そのため、今回は金属サイディングについてさらに深掘りしていきましょう。

 

□金属サイディング

 

金属サイディングとは、表面はスチール板やガルバリウム鋼板といった金属板を施し、裏には断熱材を入れた外壁材です。
金属サイディングは凍害に強いだけではなく、耐熱性・耐震性にも優れています。
金属サイディングは北海道のような雪の多い寒い地域の特別な施工方法です。
金属サイディング工事経験のある業者に工事をお願いした方がいいでしょう。
金属サイディングの外壁リフォームの方法は2種類あります。
張り替えリフォームとカバー工法です。
費用やメリット・デメリットが異なるので業者に必ず相談しましょう。

 

□まとめ

 

今回は凍害に強い外壁リフォーム方法をご紹介しました。
まずはご自宅の外壁材の劣化状況を確認しましょう。
凍害対策のリフォームが必要だと感じたら、リフォームの見積もりを無料で行っている会社に相談しましょう。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください