KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市にお住いの方におすすめの玄関フードについて解説します!

「家の外観を変えたい」
「ドアの開け閉めが難しくなってきた」
札幌市のような雪の多い地域にお住まいの方は、このような思いをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方々におすすめの玄関フードについて解説します。

 

□玄関フードとは

 

玄関フードとは風除室とも呼ばれます。
寒さ対策や風除け対策として使用されるガラス張りの設備で、玄関の前に取り付けられます。
玄関フードを取り付けることでどのような効果が見込めるのでしょうか。

 

*玄関フードの効果

 

玄関フードを取り付けることで見込める効果は主に2つです。

1つ目に、外の気温の影響を軽減することができます。
冷やされたドアやドアの隙間からの冷気が室内に侵入し、室温を下げてしまいます。
しかし玄関フードを取り付けることで、玄関前にもう1つの空気層を作り室温が下がるのを防げるでしょう。

2つ目に、積雪の影響を軽減することができます。
雪が多い日に、地面から積もった雪や屋根から落ちた雪のせいで玄関のドアを開けられないなんてことありませんか。
また、雪が解けて凍ると転倒してけがをする可能性があります。
これらのことから、新築後に玄関フードを取り付けるお家が多いです。

 

*玄関フードの値段

 

玄関フードの形状は主に4種類あり、それによって相場が変わってきます。

1つ目は、I型で10~15万円です。
家の玄関が奥まっていて、両側を壁で囲まれている状態がI型です。
I型は外壁合わせてフードをつけるため、手間がかからず最も安い価格でできます。

2つ目は、外付けI型で約20万円です。
外壁に玄関が水平に付いている状態が外付けI型です。
天井や横壁が必要になるため、I型に比べるとすこし高くなるでしょう。

3つ目は、L型で20~30万円です。
家の角に奥まった玄関があり、左右片側の壁がある状態がL型です。
1面の壁で済むI型と違って、2面の壁を設置する必要があります。

4つ目は、C型で20~35万円以上です。
外壁に玄関が水平に付いている外付けI型と違って、奥まった位置に玄関があります。
またL型と違って、左右片側の壁を利用できない状態がC型です。
他の玄関フードの形状より必要なものが多いため、費用は高額になることが多いでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、玄関フードの効果や値段について解説しました。
玄関フードは寒さや雪の影響から皆さんを守ってくれると思います。
あなたお家の玄関はどの形状でしたか。
玄関フードに興味を持った方は、ぜひ参考にしてくださいね。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください