KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市のリフォームのプロが断熱サッシの構造や相場について解説します!

冬場に家の中が寒くなる原因の1つが窓です。
閉めた窓からの冷気によって室内が冷やされます。
厳しい寒さを乗り越えるため、窓を断熱サッシにすることから始めてみませんか。
今回は札幌市のリフォームのプロが断熱サッシの構造や相場について解説します。

 

□断熱サッシの構造とは

 

窓は主にガラス、サッシ、窓枠の3つでできています。
断熱サッシとは断熱性能を高めたサッシのことです。
さらに具体的に説明しますね。
サッシはガラスを挟んでいる枠部分とレール部分で構成されています。
一般的なサッシは2つの結合部分の隙間やガラス面から冷気が侵入しやすいですよね。
しかし、断熱サッシは特別な構造になっていて冷気が侵入しないように組み合わされています。
断熱サッシは主に木材や樹脂を用いて作られます。
サッシの素材の中で最も断熱性が高いのは樹脂です。
どれぐらい違うのか気になりますよね。
樹脂サッシの熱伝導率はアルミサッシの約10000の1と言われています。
実際に、寒冷地で多くの住宅の窓に樹脂サッシが採用されています。
樹脂サッシは寒冷地のサッシとして最適でしょう。

さらに複合ガラスにすると、より断熱性を高められます。
複層ガラスとは、挟むガラスを2枚にして間に乾燥した空気層を挟んだガラスのことです。
複層ガラスと樹脂サッシを組み合わせると、より断熱効果を期待できるでしょう。

 

□樹脂サッシのメリット・デメリットについて解説

 

*メリット

 

1つ目は、断熱性が高いことです。
先ほども述べましたが、樹脂サッシはサッシの素材の中で最も熱を伝えにくいです。

実際に樹脂サッシを採用している家は冬は4度室温が高くなるという実験結果もあります。

2つ目は、結露が生じにくいことです。
結露は内部と外部の温度差によって生まれます。
暖かい室内の空気が冷やされたガラスやサッシに触れます。
そして室内の水蒸気の一部が冷やされて、水滴になったものが結露です。
ではなぜ樹脂サッシは結露しにくいのでしょうか。
樹脂サッシは断熱性が高く、窓の内側の室温が下がりにくいです。
そのため、結露が生じにくくなっています。

3つ目は、デザインが豊富なことです。
樹脂サッシは加工や着色がしやすく、幅広いデザインに対応できます。
四角や丸型といった窓の形の違いや窓の開閉の仕方によってもデザインを変更できます。

4つ目は、防音効果があることです。
樹脂サッシは気密性に優れているため、断熱性だけでなく遮音性にも優れています。
こどもがいるお家や夜中に作業したい方にもおすすめです。

 

*デメリット

 

1つ目は、強度が良くないことです。
樹脂サッシはアルミサッシほど強度がありません。
そのため、厚みを出すことで強度をあげています。
そうすると窓は必然的に重くなるので、窓の開閉が大変かもしれません。

2つ目は、価格が高いことです。
樹脂サッシは一般的に1辺当たりの相場が数万から数十万です。
樹脂サッシの本体価格は、複合樹脂サッシとオール樹脂サッシで異なります。
複合樹脂サッシはアルミと樹脂サッシの二重窓で全て樹脂ではありません。
そのため複合樹脂サッシは安くて、取り付けも簡単です。
取り付け方は、既存の窓に追加で樹脂サッシを取り付けるだけで半日から数日で完了します。

 

□まとめ

 

今回は、断熱サッシの構造や相場について解説しました。
サッシの素材によってかなり断熱性に違いがありましたね。
アルミサッシよりコストがかかるなとお考えの場合は、1つの窓から試してみてもいいかもしれません。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください