KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市で受けられるリフォームの補助金制度をご紹介します!

外壁リフォームをしたいと思っていても、かかる費用を考えるとするべきか悩んでしまいますよね。
1回で数十万~数百万かかるものもあるので当然です。
実は、札幌市には改修工事の一部の費用を補助してくれる制度があるんです。
今回は、札幌市に在住の方が受けられる補助金制度をご紹介します。

 

□札幌市住宅エコリフォーム補修制度の概要

 

札幌市住宅エコリフォーム補修制度とは、札幌市民を対象に省エネ改修やバリアフリー改修費用の一部を補助する制度です。
では、具体的に説明していきますね。

 

*補助対象の住宅について

 

札幌市内にある戸建住宅と共同住宅の住戸部分の2つの住宅が補助対象です。
また、補助金交付決定前に工事に着手している住宅は対象になりません。
工事の着手は補助金交付決定通知後に行わなければならないというルールがあります。

 

*申請者の条件について

 

まず3つの前提条件があります。

1つ目は、補助金申請時に住宅を所有している、または住宅に住んでいることです。
2つ目は、札幌市民か営利法人であることです。
3つ目は、暴力団員または暴力団関係者でないことです。

この3つの前提条件に加えて、2つの条件があります。
1つ目は、市・道民税及び固定資産税や都市計画税を滞納していないことです。
2つ目は、申請者が法人の場合に市内に事務所(本店または支店)を有していることです。

 

*補助金について

 

補助金の交付額は、総工事費の10%か1戸当たり50万円の少ない方の金額を限度としています。

 

□補助対象工事について

 

補助金額の合計が3万円以上で、総工事費が30万円以上の工事が対象になります。
補助金交付決定後に工事に着手し、申請した年の1月末日までに完了していることが条件です。
また、札幌市内に主な営業所がある建築業の許可を受けた事業者が請負施工しなければ補助が受けられません。

この制度では、どのような工事ができるのでしょうか。
工事の種類は、バリアフリー改修工事と省エネ改修工事の2つに分けられます。
バリアフリー改修工事は、手すりや便所のような全8カ所を対象とした工事です。
小さなお子様や年配の方がいらっしゃるお家は申請することができますね。
また省エネ改修工事は、窓や外壁のような全5カ所を対象とした断熱改修工事です。
凍害にお悩みのお家にはピッタリでしょう。
例えば、外壁の補助金額は1戸あたり10万の補助を受けることができます。

 

□まとめ

 

今回は、札幌市住宅エコリフォーム補修制度をご紹介しました。
老朽化した箇所を放置しておくと、徐々に建材に影響し後の改修工事で多額の費用がかかってしまうかもしれません。
このような制度を利用してリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください