KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

外壁のリフォームをお考え中の皆さん!外壁リフォームの種類についてご紹介します

皆さんはマイホームの外壁の痛みや劣化にお悩みではありませんか。
築年数がある程度経ったり、凍害などの被害に遭ったりするとどうしても外壁がダメージを受けます。
外壁の状態は家の外観を大きく左右するので、出来るだけ綺麗に保ちたいですよね。
今回は外壁リフォームの種類についてご紹介します。

 

 

□三種類の外壁リフォームについて

 

外壁のリフォームの種類は大きく分けて、塗り替え、張り替え、カバー工法の三種類あります。
それではそれぞれのメリットとデメリットを確認していきましょう。

 

*塗り替えについて

 

まずは塗り替えについてです。
塗り替えとは現在のマイホームの外壁の上から新たに塗料を塗る作業のことです。

使用する塗料などにもよりますが、リフォーム時にかかる費用は比較的抑えられるでしょう。
しかし外壁塗装の性質上、一定期間ごとに繰り返し塗り替えを行う必要があるので、長期的な目線で考えると割高になる可能性もあります。
また寒冷地にお住まいの方などは、よりメンテナンスに気を配らなければいけないでしょう。

 

*張り替えについて

 

現在のお家の外壁を取り外し、新しいものと交換することを張り替えと言います。
既存の外壁を取り替えるので、リフォーム後は新築のような外観になる他、色や材質などを新たなものにすることで、外観の大幅なイメージチェンジを行えます。
マイホームの見た目が新しくなるのは、やはり嬉しいですよね。

これに加えて、外壁の取り外し時に内部の点検ができることもメリットとなるでしょう。
デメリットは撤去した古い壁の撤去や処分にお金がかかることと、全工程を完了するまでに時間がかかることです。

 

*カバー工法について

 

カバー工法を行う際には、既存の外壁の上に新たな素材を重ね貼りします。
張り替えと違って既存の外壁を取り外す必要がないので、張り替えよりも費用を抑えられます。
その他にも工事期間を短縮できる、廃材を少なく抑えられるので地球環境にもよい、より高い遮音効果を期待できる等のメリットがあります。

張り替えと同様に、新築のような外見になることもポイントとなるでしょう。
ただ、既存の外壁の劣化が進んでいる場合は施工を行えないので、一度専門業者にお問い合わせくださいね。

 

 

□まとめ

 

以上、三種類の外壁リフォームについてご紹介しました。
それぞれのメリットとデメリット、さらに現在のマイホームの外壁状態をご確認された上で最適なプランを選択してくださいね。
この他にも外壁リフォームに関して、ご質問等ございましたらお気軽に当社までご連絡ください。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください